やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

チューリップ賞&オーシャンS

・チューリップ賞
◎ジョワドヴィーヴル

阪神JFは次元が違かったし、まだまだ成長途上ですよっていう勝ち方。
ジェンティルドンナは中間熱発があったみたいですし、ずっと言ってますが俺はどうしてもこの馬の配合が好きになれません(^_^;)
エピセアロームも気性が脆いのに大外枠になっちゃいました。
さすがに他の伏兵にやられるというのも想像しづらいし、これは素直にジョワドヴィーヴル本命でいいでしょ。


・オーシャンS
◎ダッシャーゴーゴー

実績的にも配合的にもカレンチャンの方が良さ気なんですけど、ちょっと順調さに欠けている印象があるのでこっちを本命に。
カレンチャンは今週の追い切りが素晴らしくて、それで出走を決断したようですが、裏を返せばそれまで流動的に考えるような状態だったということですしね。
なんだかダッシャーゴーゴーを本命にしたというより、カレンチャンを本命にしなかったという視点での予想ですね(^_^;)

馬の格よりも順調度で考えようかなって思いました。
中山記念のトゥザグローリーショックの影響ですかね(笑)
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.03/03 12:51分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.