やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

フィリーズレビュー反省会

優勝はアイムユアーズ。
俺にとって今期最大の失敗が、ファルブラヴの好みを見誤ったことですね。

アイムユアーズ自身はファルブラヴ×サンデー×「ナスルーラ×プリンスキロ」という組み合わせで、まさに成功のパターン。
ですがフェアリーキング=サドラーズウェルズ(≒ヌレイエフ)で強調するようは配合はダメなんじゃないか説を提唱し、指名はしませんでした。

新馬戦で負けてシメシメ。
未勝利戦で勝ってまあこれくらいはね…。
函館2歳S2着になっても、これくらいの活躍なら想定内であって、中央開催になったら用済みだろう。
ファンタジーSを勝って、完全に負けを認めることに…。

それ以降も阪神JFで2着、そしてフィリーズレビューも完勝となり、この馬が活躍する度に大ダメージを受けます(^_^;)
せっかくゲバルトさんもヒデちゃんもスルーしたんだから、そういう時こそこういう馬を指名しなきゃいけなかった…。


2着はビウイッチアス。
ダイワメジャー×ガルチという、いかにもパワーで突進するような馬。
フィリーズレビューってのは、こういうタイプが活躍できるレースなんですね。
ビウイッチアス自身はかなり稼いでいますけど、このタイプはPOGで指名できないので素直に諦めます。
さすがに本番で同様の活躍をするのはどうかなと思います。


3着で権利をとったプレノタート。
ジャングルポケット×サンデー系で基本的な下地は良いですし、ヘイロー≒レッドゴッドでちゃんと軽さを補強しているのも素晴らしい。
ただし、そもそもジャングルポケットがなぜ軽さを補強しなきゃならないかという根本は、トニービン×ヌレイエフの部分が「ハイペリオン×フェアトライアル」血脈が凝縮しすぎているからだと思っています。
この要素はあくまで下地を固める要素として使うことで最高の働きをしますから、これを前面にだしてしまうのはなるべく避けたいところです。
その点プレノタートの母が持つリファールの血は邪魔ですね。
この位の活躍が限界かなと感じますが果たして…?


近いうちにジャングルポケットに関しても改めて調べるつもりです。
現状での感想としては「ハイペリオン×フェアトライアル」が母方に1本でもあるだけで大幅なマイナスだと思ってます。
来期の注目どころで言うと、ジャングルポケット×ローズバドもリファール持ちだけに、どうするか非常に悩ましいですね。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.