≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

いよいよ桜花賞。
POGにとっても最も大切なレースの1つですから非常にワクワクしますね。

せっかくなので俺も本気を出して全頭考察しますよ。
馬券は当たらなくてもいいから、せめて勝ち馬だけでも自分が納得している馬の中から出てほしいところです。

ではがんばります。


配合的に好きじゃない馬

・ダームドゥラック
シンボリクリスエス産駒の牝馬で重賞を勝った馬がいません。
OP勝ちがちょろっといる程度ですから、これはダメじゃないでしょうか(^_^;)

・オメガハートランド
タキオン×ミスプロ系は大物感がないと思ってますし、またタキオン×サドラーズウェルズはタキオンの長所を打ち消すようなイメージがあって嫌いです。
ましてやこの馬は母父エルコンドルパサーということで、サドラーズウェルズ≒ヌレイエフの影響力も高そうですしね。
まあ重賞を勝っている時点で俺の見当はハズレているわけですが、それでもG1の舞台ではあまり信用したくないかなと。

・サンシャイン
ハーツクライ産駒の牝馬はキョウワジャンヌくらいしか、目立った活躍を見せていません。
まだ産駒も2世代目なので決め付けるのはアレですが、今回は様子見ということで。
でもデムーロってのは怖いですね(^_^;)

・エイシンキンチェム
母はシアトルスルー的なストライド走法を強く強化する一方で、そこにフジキセキを配してインリアリティ的(マイディアガール=トレジャーチェスト)要素をクロスしてスプリンター方面を濃くしたチグハグさ気になります。

・メイショウスザンナ
この馬は正直なところ「よくわからない」というのが本音でしょうか(笑)
まあ特に引っかかる点はないんですけど、だからと言って褒めるような点も見当たらない・・・。

・プレノタート
ジャングルポケット産駒はフェアトライアル要素が前に前に出ようとするので、ここを表面化させないためにも、母にはフェアトライアルなしであることが大事だと思っています。
プレノタートはカウントマーシャル(父フェアトライアル)7×7なので、これが非常にネック。
他の部分は全然良いんですけどねえ。

・トーセンベニザクラ
ダイワメジャーに「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈をたくさん注ぎ込んで、なんとか柔らかくしようと頑張っているのに、母母父がロベルト×インリアリティのリアルシャダイですからねえ。
エイシンキンチェムと似たような感じですが、努力を台無しにする組み合わせ。

・ファインチョイス
母型の影響力も強そうだなと思う馬ですが、それだけにタイキシャトル×カポーティという小物感も感じるんですよね。
それとヘイローのクロスでデヴィルズバッグ(力馬)の要素を強化しているというのも減点かな。



これらの馬が勝ってしまったら、今季POGで初導入した「血統」選別の完全敗北となってしまいます(笑)



桜花賞向きっぽくない馬

・マイネエポナ
キンカメ×(サンデー×シンコウラブリイ)という良血で、ラストタイクーン≒カーリアンも素晴らしい。
ただ、重箱の隅をつつくようですが7代目にあるベターセルフという「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」血脈がちょっと引っかかりますね。
この血脈を持ってきてキンカメのセックスアピールの血を刺激するパターンからは、レディアルバローザとヒラボクキングくらいしか活躍馬が出ていませんから。
7代目という非常に薄いものなので、あまり影響はなさそうには思えますが果たして?

・ジェンティルドンナ
以前はディープインパクトにはスピードを補強する要素がほしいと思っていましたが、最近はそこまで拘る必要ないのかなって思うようになりました。
ただジェンティルドンナに関しては、ダンチヒ×アリダーにリファールのクロスなので、外回りでG1級の走りができるか、まだちょっと疑ってます。

・アイムユアーズ
もちろん馬の能力を否定しているワケではありませんので、今回も好勝負できると思ってます。
でもやっぱり基本はフェアリーキング=サドラーズウェルズ≒ヌレイエフのパワーで走る馬。
他の外回り向きの斬れ味に秀でた誰かに負けてしまうのではないかという予想。

・サウンドオブハート
タキオンの瞬発力の源だと考えている「ハイペリオン×フェアトライアル」血脈を増幅する仕掛けが、この馬にはダンジグだけ。
ダンジグを支えるような他のハイペリオン的な血も薄いし、この点がなんとも心許ないです。
といっても、その代わりにウッドマンのパワーがあるので、バランスは十分とれている良い配合だと思います。
ただし、そのウッドマン的な要素の影響からか、小回りの機動力に長けた馬に見えるんですよね。
今回どのくらいの末脚を発揮するのかに注目しています。

・ヴィルシーナ
この馬はヘイロー≒サーアイヴァー≒レッドゴッドの3・5×4・5・5で、内回り向きの素軽さが全面に出た馬でしょう。
クイーンCでは長い直線でもイチオクノホシを完封しましたが、今回は他にも斬れる馬がたくさんいますからねえ。

・アラフネ
配合的には嫌いじゃないんですけどね(^_^;)
ミスプロやアリダーなど、クロフネにパワーを注いだタイプなので、さすがに今回は厳しいでしょ。


これらの馬は配合的に納得ができる馬達。
もしこの中から優勝馬が出たとしても、まあ仕方がないことだと諦めはつきます。
ただ、阪神外回りや東京の長い直線への向き不向きという要素はちゃんと考えて見ているつもりですからね。
もしそうなった場合は、どっちにせよ敗北は認めないと・・・(^_^;)



出来ればこの中から勝ち馬が出て欲しい

・エピセアローム
ダイワメジャーに3本の「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈を持つ母を組み合わせて斬れを補強。
カレンブラックヒル、トーセンベニザクラ、ダローネガ、オメガホームラン、全てに共通するダイワメジャー必勝の配合。

・パララサルー
ディープインパクト×カーリアンの柔らかな斬れに、リファールクロスやサドラーズウェルズの重厚さも兼備する理想的な配合。

・イチオクノホシ
ゼンノロブロイに乏しい「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈と、「ハイペリオン×サンインロー」血脈を母からしっかりと補っている、バランスの良い配合。

・ジョワドヴィーヴル
カーリアン×サーゲイロードの強烈な斬れ味をしっかりと受け継いでいる、いかにも外回り向きの配合。



4頭のどれかが勝ってくれたら満足です。
POG的にはジョワドヴィーヴルが勝ったら俺は大ピンチだけどね(笑)

最終的な予想はまた後にします。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.