やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

タキオンからクラシックを(終)

気になった2歳馬をちょこっと考察しておきます。
ディープスカイとキャプテントゥーレについては考察しちゃったので、その全弟は省いて他の有力どころを。
とりあえず今回は牡馬で。


・母エリモピクシー
タキオン×ダンシングブレーヴという上質の配合に、テスコボーイのスピード、ヴェイグリーノーブルのスタミナ、バックパサーのパワーと、各ジャンルの中でも最高峰の集合体のようで、それだけで感動します( ;∀;)
ダンシングブレーヴの配合って、そんなにスタミナ血統というわけでないのかなと感じるので、そこにテスコボーイを父に持つエリモシューティングならば、エリモピクシーがスピード型に出るのも納得。
Drone≒Depthの「ナスルーラ×プリンスキロ」的柔らかなスピードも発生しますしね。
母や兄たちがそうであったように、この馬もマイラーかなって思います。

アグネスタキオンとの組み合わせでは、母のスピードをHalo≒Drone≒Depthで引き継ぐし、アルサイド≒オリオールで底力もしっかり強化していて、配合の完成度は抜群ですよ。


・母エアデジャヴー
活躍馬を多数輩出する良血一族ですね。
母自身はノーザンテーストの底力と、Well Decoratedのスピードと、欧血のスタミナが綺麗に配されてますね。
一族を見てもクラシック路線での一発を期待したいところです。
ただ、タキオンとはRaja BabaやTudor Minstrelのクロスなど、Well Decoratedのを強調する要素が目立ち、ここをいじると逆に大物感を失うことに繋がりやしないかな~なんて考えたりもして…(^_^;)


配合が好きなの馬の中だけで考えたら、クラシックはやっぱり無難に、皐月賞→母エアトゥーレ、ダービー→母アビなのかなあ。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.