やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

アルゴリズムは大成しない?

今週出走のアルゴリズムですが、UMAJINのPOGで指名しないことを決断しました。

ホーマンフリップの時と同じ理由
「GⅠを獲れる器じゃない」
と判断したからです。

ノースヒルズの有力馬があれだけの動きを見せているのですから、当然軽視できる存在ではありません。
しかし、仮に重賞を勝てる馬だとしても、GⅠで勝負できないと自分で判断した以上、指名しないことにしました。
確実に走ってきそうな馬達で土台を固めつつ、残った枠でGⅠを獲るなんて相馬眼は俺にはありませんから。
10の指名枠はGⅠ獲りに全てを注ぎたいと思います。


安田厩舎って、芝の重賞はシンメイフジの新潟2歳Sしか獲っていないんですね。
個人的に牝馬の場合、厩舎はそこまで重視していません。
けど牡馬は格のある厩舎、もしくは勢いを付けて来ている厩舎から指名したいと思っているんですよね。

ちょっと厩舎的に、一枚落ちるかなと思いました。
それに加えて、タキオン産駒が持つ「体質の弱さ」との戦いですからね。
指名するにはリスクが高すぎます。


・・・それにしても、今期は少し考え方が極端すぎるのではないか?と自分でも心配になってきています。
以前はこの手の馬は大好きだったんですねどねえ

漫画アシの仕事がなくなって、馬のことを考える時間が多くなったのが影響してると思われます。
「この馬はスゲえかもしれん!!」
と思っても、毎日考えているうちに当初の熱が冷めてしまうんですよね。
そうなるとリスク面ばかり考えてしまう・・・。
いざレースを走ってみたらアレレな結果だったら、ホント寂しいですからね(ヴェラブランカ、ラプリマステラ、スクーデリアピサ、セブンスコード等)


あ~今期の俺、大丈夫かなあ・・・。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.