≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

POGの対象となるG1なので、全馬考察をしたいと思います。
今回は配合的にはあまり好きじゃない馬達。


・メジャーアスリート
ストームキャットをスカーレットブーケとのニアリークロスで強化したことはとても素晴らしいです。
ですが、セクレタリアトに絡んでくるような「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈がもう一つあったら文句なしだったのに…。
それがないので、ちょっとパワー過ぎて好きになれません。

・ネオヴァンクル
フレンチデピュティ×ティンバーカントリーって、いくらんでも力馬すぎやしませんかねえ。。。
(・_・;)

・モンストール
サンデー×ノーザンテースト×「ナスルーラ×プリンスキロ」複数の必殺配合。
その点は非常に好きなんすが、どうしてもノーザンテースト≒ヴァイスリージェントが引っかかります。
母父デヒアは元来ダート向きだし、その源になっているのがヴァイスリージェントだと思うので。
そこに触れる配合を、G1の舞台では買いたくないなと。

・シゲルスダチ
クロフネにとってニックス関係にある、サンデーサイレンスとチヨダマサコの2つを持ってます。
ですが母父にブライアンズタイムが鎮座してロベルトのクロスとなると・・・。
う~ん、やっぱり買えないです(^_^;)

・マウントシャスタ
ディープにとって瞬発力の要となる「ハイペリオン×フェアトライアル」血脈がありません。
バークレア≒オリオールを使っていることで、代用していると考えることも出来るのですが、オリオールはどちらかと言うと粘りやスタミナの血だと思いますからねえ。
馬が強いだけに悩みますが、今回は逆らってみようと思います。

・セイクレットレーヴ
ふにゃふにゃアドマイヤムーンとガチガチのお母さん(ブライアンズタイム×サドラーズウェルズ)を組み合わせことで良いバランスになってます。
でもガチガチを目指すにしてもズブいロベルト系を使うことは、頂点を決めるレースでは、かえって足枷になるのではないかと思ったり。

・ブライトライン
良いか悪いかではなくて、フジキセキがわかりません(笑)
この配合にしたって上手く説明できないのですが、斬れるのかズブいのか、柔らかいのか硬いのか・・・でも重賞で結果を出している(・_・;)
わからないときは様子見で。

・オリービン
ダイワメジャーの長所を伸ばすような、パワー+スタミナの配合系。
これはこれで悪くはないと思ってますが、個人的にはダイワメジャーっぽさを中和するような柔らかい配合が好きです。

・アルフレード
シンボリクリスエスには「ナスルーラ×プリンスキロ」2本が基本路線です。
この馬にはそれがありません。
にも関わらずG1馬になってしまったということで、俺の考えが打破されてしまいましたね。
だからと言って考えを変えようとは思わない。
だってシンボリクリスエスですもの(笑)

・レオンビスティー
サクラバクシンオーはマイルじゃ買いにくいです。
さすがに2年連続は難しいでしょ(^_^;)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.