やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

メイS

勝ち馬になって納得できる配合の馬

・ステラロッサ


・・・これ一頭しかいませんでした(笑)
まあオープンのレースだしハンデ戦なので、あまり厳しくいく必要はないのかな。
となるとモンテエンとマッハヴェロシティも嫌いではありませんね。


◎ステラロッサ
ハーツクライって、これで大丈夫なのか?と心配になるような米パワー的スピード血脈を母父に据えることで、メリハリある斬れに変えてしまう不思議。
個人的な理想を言えば、ビューパーダンスのBusandaに絡む血がもっとあれば、重賞でも信頼できる配合だったのになという印象です。
なのでオープンのここは全力で応援します。


今日の重賞は東海Sということで、ダートの血統知識がない自分の出番はありません。
なので代わりにメイSを真剣に考えてみました(笑)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.