やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

オークス全馬考察(1)

POG対象となるG1レースですから、全馬考察してみようと思います(^^)。
今回は配合があまり好きじゃない馬達。
桜花賞で考察している馬に関しては、同じ感じになりそうです。


・マイネエポナ
キンカメ×(サンデー×シンコウラブリイ)という良血で、ラストタイクーン≒カーリアンも素晴らしい。
それだけに7代目にあるベターセルフという「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」血脈が、セックスアピールの血を刺激してしまったことが非常にイタイ・・・。


・アイスフォーリス
ノーザンテーストを強化し、重厚な「ハイペリオン×サンインロー」血脈で補強したというのは、ステゴにとっては良い配合だと思います。
ただ、ノーザンテーストに合わせたニアリーな血が、Deputy Minister経由のVice Regentだというのがイヤですね。
パワーと言ってもダート向きの側面が強いので、良い配合である反面、頂点を取れる配合ではなくなってしまった感じがしています。


・オメガハートランド
まずスピードのあるタキオンに更にミスプロを加えるのが好きじゃないです。
それとサドラーズウェルズのようなズブい血もタキオンの良さを消してしまうようで微妙に感じます。
シアトルスルーについてもただ緩慢なだけで、こういう「ナスルーラ×プリンスキロ」はタキオンには合わないのではないかと思うんですよね。
そして一番気になるのは、母がフォルリ3本にトニービンとリファールが加わって、合計6つの「ハイペリオン×フェアトライアル」の凝縮体だということ。
柔らかさと機動力のバランスが、さすがに崩れているのではないかなと思うのですが・・・。


・メイショウスザンナ
なんかこの馬って、父がアグネスデジタルで、母父がサンデーで、母母父がマルゼンスキーです・・・としか言えない配合かなと思います。
それぞれが特に付かず離れずで寄り添っているだけの配合という気がするんです。
G1だし、もうちょい説得力のある仕掛けがあった方が応援しやすいのになあと思いますね。


・ダイワデッセー
マルゼンスキー≒カーリアンというのはスペシャルウイークにとって良い配合だとは思います。
ですが、それがタイキシャトルを経由してのものというのが、どうにも底の浅い配合だな~と(^_^;)。
また、ヘイローのクロスもありますが、それにしたってサンデーの軽さと同時にデヴィルズバッグを経由したことによる力馬っぽさも出てくるワケですからね・・・。
なんだか頑張りが全部空回りしているような配合じゃなかなと思います。


・チェリーメドゥーサ
父シックスセンスがデインヒル持ちなだけに、なるべく柔らかなスピードを補強したいところですが、この馬の場合は母父ブライアンズタイムですか・・・。
さすがにこれは厳しいのでは(^_^;)


・サンシャイン
母が傍流の血統の塊なので、純正ハーツクライのようなタイプかなと思っています。
それだけにオークスには向いているという印象はありますが、やっぱりもっとハーツクライのポイント押さえるような、工夫を凝らした配合の方が好みではあります。
オークス向きだからと言っても、オークスを勝てる配合ではないと思うんですよ。


・サンキューアスク
シンボリクリスエス牝馬(笑)


・キャトルフィーユ
母はパワーもスタミナもあるし、良い配合だとは思うんですよね。
ただ、上のクラスを勝ちきる決め手がちょっと乏しいと感じています。
ディープにはフェアトライアル的な要素をガッツリ組み込まないといけないワケで、テューダーミンストレルだけでそこを支えるのはちょっと物足りないかなと。


・トーセンベニザクラ
ダイワメジャー×ホワイトマズルのニックスに、更にDroneを重ねて柔らかく柔らかくしようとしているのが好印象です。
なのに、なぜそこでRoberto(重い)×In Reality(硬い)なのか・・・と、俺はリアルシャダイを怒りたいですね(笑)


・ココロチラリ
エアジハード・・・?
なんだかよくわかってないですけど、もっとハイペリオンを強く補強したほうがいいのでは?
こんな適当に斬っても大丈夫ですかね(笑)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.