やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

白百合S

勝ち馬になって納得のできる配合の馬

・グラーネ


しかいない・・・これはさすがに本命にはしづらいですよね(^_^;)
しかも京都外回りでネオユニはちょっと不安ですし。

となると少し判定をゆるくするとして

・オリービン
・マウントシャスタ


・・・で結局人気どころがピックアップされるというね(笑)


◎オリービン

マウントシャスタはディープに必要な機動力の面において、フェアトライアルを持たないという欠点があります。
その代わりにフレンチデピュティのパワーで補っているワケですが、それ故に斬れという面を少し犠牲にしている感じがします。
バランスは良いですが、満点ではないという配合かなと思っています。

オリービンはダイワメジャーのパワーを増幅する配合。
個人的なダイワメジャーの好みで言えば、パワーはあまり全面に出さずに、斬れを母方から補給する配合の馬の方が大物感を感じるかなと思うんですよね。
なのでオリービンはちょっと好みと違うのですが、ただ配合の完成度は高い馬だと思います。

ディープは京都が得意ですから、多少の欠点に目を瞑ってもマウントシャスタにしようかなとは考えましたが、やっぱり配合の説得力が高いオリービンの方を本命にすることにしました。
・・・グラーネは見なかったことにしよう(笑)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.