≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

メジャーグループ+マイナーグループの合計でポイントを競っている身内POG。
旧UMAJINの通常モード+地獄モードだと思ってもらえると、わかりやすいと思います。


今日の新馬戦では僕とヒデちゃんの指名したトーセンパワフルが快勝。
次走は予想通り札幌2歳Sのようですから、兄に続いての制覇に期待がかかりますね。

一方おしづさんが指名したラウンドワールドは3着でした。
まだ仕上げ途上といった雰囲気で、しかもあの展開では仕方なし。
むしろ見所ではトーセンパワフルと同等かそれ以上?な結果でしたから、厄介な馬を指名されたなと思います(^O^;)

ヒデちゃんは今日の勢いそのままに、明日出走のドラゴンレジェンドを指名宣言。
アニメイトバイオ、ホーマンフリップの下ですか~、ステゴ産駒の中ではかなり質の高い繁殖ですよね。
姉同様、強烈な走りを東京で見せるのか、明日のデビュー戦に注目です。



新馬戦の気になる馬

・東京1600m
◎ダイワブレーヴ


クラーベセクレタの弟です。
母がタイキシャトル×デインヒルですから、ダート馬を出すのも納得の配合。
スペシャルウィーク×タイキシャトルというのはマルゼンスキー≒カーリアンですから、ブエナビスタやブリッツェンと同じ組み合わせの好配合馬です。

ただしタイキシャトル相手となるというのがポイント。
ヘイローのクロスも発生しますから、これは要するにデヴィルズバッグの血も増幅しているということになります。
ですからフローラS3着のダイワデッセーのように、パワー面が強くなりやすく、斬れを損なうというデメリットもあるんですよね。

ただダイワブレーヴの面白いところは、4代母のGliskにあります。
ダイワブレーヴの配合上の核はマルゼンスキー≒カーリアンですから、バックパサー×リーガルグリームという配合のGliskの絡み方は中々興味深いのです。

芝への適性はわかりませんが、注目したい馬ではありますね。



・阪神1200m
◎タガノハピネス


ブロードマラ×フェアリーキングという配合は

・ノーザンダンサー
・スペシャル=サッチ
・リーガルグリーム≒ボールドリーズン


などのクロスがあるニアリーな関係というのがポイント。
タガノハピネスはそこに更にカーリアン≒ストームキャットもダブルで絡んでくるのが面白いです。
フェアリーキングやストームキャットのスピード資質と、カーリアンの柔らかさとの融合に期待しています。
スポンサーサイト


このコメントは管理人のみ閲覧できます
身内POGでいうところのメジャールールの方はしばらくなさそうな雰囲気ですよ。
といっても自分は毎年新シーズン到来でテンションが上がりすぎて、必ず暴走指名をしてしまいます。
例年通りだとすれば秋競馬までに5枠残っていれば・・・というくらいになるんですよね(笑)

マイナーどこでいえばタニノタキシード、ティーハーフあたりは調教が良ければ指名したい血統&配合をしてますねえ。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ルール上そうなってしまうとはいえ、ネオユニとステゴがいて、しかもネオユニは今年が豊作の年ですから地獄モードっていう印象はないですよ(^_^;)
そうですか~、てことはラウンドワールドはまだまだ成長してきそうですねえ。
自分の予想としては、あそこまで斬れるタイプだとは考えていなかったので厄介です(・_・;)

このコメントは管理人のみ閲覧できます
まあラウンドワールドの斬れはトニービンとディクタスのフレンチなタイプですから、一瞬で加速するような脚力ではないんでしょう。
なので東京の直線はもちろん、京都の下りを利用して加速するというのは、かなり適してるのかもしれませんね。
にしても、それで32,9が出るんですから、中々おそろしいことですよ(^_^;)
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.