≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

ウチのPOGはかなり特殊なルールですから、ルールを載せておきます。

POGルールについて
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-601.html
ドラフトルールについて
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-604.html



僕とゲバルトさんとヒデちゃんの3人でのドラフトですが、実はゲバルトさんとヒデちゃんは初対面。
挨拶を済ませたあと、まずは腹ごしらえにラーメン食いました。
ゲバルトさんから「マンカフェはメジャールールの対象だよね?(←マイナーグループ種牡馬なのでドラフト対象外)」・・・といきなりぶっとんだ質問(笑)
候補に入れていたようです(^_^;)

また、ヒデちゃんから「タニノギムレットはどっちだっけ?(正解はマイナーグループ)」・・・と聞かれたのに対して、「マイナーだよ」と答えたつもりが「メジャーグループだよ」と僕の口からは出ていたらしい(←全然意識なかった)
それで若干現場がパニックになりました(笑)

まあそんなこんながありつつもドラフト開始。



ドラフト1位
・栗頭「母エアトゥーレ」
・ヒデ「母エアトゥーレ」
・ゲバ「母エリモピクシー」


これはかなりショックな展開・・・。
爆発力、外れ率の低さを考えたら、エアトゥーレとエリモピクシーが抜けてると思ってました。
身内ルール上、ネオユニやステゴは対象外ですし、ヒデちゃんがエアトゥーレを行きそうな予感がしていたので、こちらを1位で指名。
ただし、ゲバルトさんがエリモピクシーを1位で指名してくるなんて、これっぽっちも思ってなかったんですよ(;´Д`)
個人的に橋口厩舎好きとして、本音はエリモピクシーこそ獲りたかったです・・・。

でもここは気を取り直して、なんとかしてエアトゥーレだけでも獲得しなくては!

ジャーンケーン・・・

栗頭「パー」
ヒデ「チョキ」



ウチらは直前指名OKルールなので、あくまで優先指名の権利だけなんですけど、なんだかすでにドラフト失敗の印象しかありません・・・。
・・・僕の今期は終了しました。
( ;∀;)


外れ1位
栗頭「母フォーシンズ」


個人的にリストアップした候補を見ると、牝馬が極めて少なかったです。
なのでもし牝馬の候補を相手に獲られてしまったら、それこそ本当に終了になってしまいそうだったので、とりあえず先に指名してしまうことに。
フォーシンズに関してはヒデちゃんの牝馬エース候補だったらしく、ちょっとしてやったり
( ̄ー ̄)ニヤリ



ドラフト2位
・栗頭「母グレースアドマイヤ」
・ヒデ「母グローバルピース」
・ゲバ「母クライウィズジョイ」


僕は1位で牝馬を獲ったので、今回は牡馬の大砲候補を指名しました。
ヒデちゃん曰く「グレースアドマイヤの◯◯は腐ってる(←倖田來未)」とのことで、ワリとどうでも良い存在だったみたい。
そのヒデちゃん指名のグローバルピースに関しては、僕も次で指名する予定だったので、またしてもやられてしまった感じですね(^_^;)
ゲバルトさんのクライウィズジョイに対して、僕とヒデちゃんの第一声は「誰!?」でした(笑)
ヒカルオオゾラの弟なんですね・・・(^O^;)

ちなみに僕が本気で狙っていた候補はエアトゥーレ、エリモピクシー、グレースアドマイヤ、フォーシンズ、グローバルピースの5頭でした。
結局獲れたのは2頭だけなので、これは非常に悔いの残る結果ですね・・・。



ドラフト3位
・栗頭「母ノーブルステラ」
・ヒデ「母バルドウィナ」
・ゲバ「母エアグルーヴ」


今回はみんな牝馬になりました。
僕はパララサルーの果たせなかった夢を、もう一度G1レーシングの馬で狙いにいきました。
ヒデちゃんのバルドウィナも候補馬でしたが、これはもう仕方がない。
ゲバルトさんはここで超大物を指名。
正直言って、この馬がゲバルトさんの1位だと予想していたんですけどね(^_^;)
ゲバルトさんは「ルーラーシップの妹よりも、ヒカルオオゾラの弟を上位に指名するのはおかしかった」・・・と、後に反省していました。


ヒデちゃんが「誰かチチカスいけよ~」と牽制してくる中、ドラフトは4巡目に進むのであります。

次回に続く。
スポンサーサイト


このコメントは管理人のみ閲覧できます
好みで言えばレッドアリオン>リジェネレーションでしたけど、レッドは誰も1位でいかないだろうと予想したのがいけませんでしたねえ。
だからまずはリジェネレーションを狙って、ダメなら外れ1位でレッドアリオンでいいと思ってましたし、あわよくば2位レッドアリオンで両方獲得か・・・?とか考えていたので(^_^;)
欲張りすぎて台なしになりました( ;∀;)

獲られたレッドとリジェネはマイル~皐月賞向きだと思ってますから、そこはネオユニヴァースの子供で対抗するとして、ダービーこそは確実にという気持ちでいこうと思います。
そういう意味ではトルストイに一発かましてもらわんと困りますね(^O^)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
今のところ、フォアシアーもしくはストームキャットを持たない牝馬は苦戦中ですねえ。
でもそういう単純な見方ではなく、配合全体からもちゃんと考えてみました。

ドローンという血はヘイロー≒ボールドネシアンとニアリークロス関係になる血ですから良いですね。
フォアシアーはないものの、サーゲイロードのナスキロクロス自体は悪くないですよ。

ただし母父コマンダーインチーフという血がかなりスタミナ寄りのタイプで、サーゲイロード的な軽さよりもリファールやロベルトの粘りの方がメインです。
また、祖母のルイジアナピットはほとんどがハイペリオン×サンインローの塊みたいなもので、スタミナ色が濃いタイプです。

このようにリトルハーモニーというのはかなり重々しいタイプですから、スピード豊富なアグネスタキオンとは成功しましたが、スタミナ寄りのマンハッタンカフェだと(マンカフェ好相性の血があるなしに関わらず)少し苦戦するのではないかなと感じますね。

マンカフェはミスプロやカーリアンなどの上質なスピードを取り入れることで成功しています。
ですから、ここまで母系が重たいと、ドローンだけでスピード、スタミナの帳尻を合わせることが出来るのだろうか・・・?と心配になりはします(^_^;)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
そうですね~、トニービンというのは中距離馬向きの柔らかさとスタミナを伝えるので、ダイワメジャーに足りないスピードを補う要素には乏しいです。
そしてノーザンテーストをクロスするということは、パワー要素やハイペリオン的なスタミナを更に増幅することになってますから、スピード勝負で苦戦する可能性が高いです。

ただし、個人的にはこの血統は結構注目しているんですよね。
古馬になるにつれてハイペリオン最大の特徴である成長力が開花してきた時に、大物に変わる可能性もあるとは思ってます。
トーセンジョーダン、ジャガーメイル、ルーラーシップ、トゥザグローリーのような成長曲線になりそうですね。

おっしゃっているように、スピードが足りず完成度という点では劣るため、早期からの活躍は厳しいと感じてます。
ダイワメジャーから中距離タイプを狙うなら、こういうタイプなのかな~とは思いますね。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
キンカメ×アグネスショコラはすでにゴールデンチケットがいますから、想像はしやすいと思います。
ただ、血統的に決してダート専門というイメージはないですから、芝タイプになる可能性もあるでしょうね。

ナスキロのクロスはしなやかな斬れがでやすいので、あればなお良かったんです。
ただしナスキロどうこうというよりは、リファールが3代目にある方が個人的にはイヤですね(^_^;)
ここまで近いと、それだけでかなり影響力が大きいでしょうし、キンカメのヌレイエフがもつ「ハイペリオン×フェアトライアル」がリファールを更に増幅しているとも考えられます。
こうなると確実に粘りタイプですし、というか粘りが強すぎて決め手に欠けるのではないかなと心配になります。

ゼロスのような感じが一番近いイメージでしょうか。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
そうですね~、リファールも上手く活用すれば、良い感じの持続力となってサポートしてくれるんですけどね(^_^;)
ハーツ×チャッターリップスの場合は、まず一番に遺伝子やすいのがリファール3×4ですから、これはすこし過剰かと思います。

ハーツのMy Bupersが持つアメリカ血統を増幅するような仕掛けがあれば、パワーでバランスをとることが出来るのですが、この配合はそれも薄いです。
なので緩急をつけた斬れよりも、ダラダラと粘りで走るタイプになりやすい配合かなとは感じますね。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.