09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

身内POGドラフト大会(3)

ウチのPOGはかなり特殊なルールですから、ルールを載せておきます。

POGルールについて
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-601.html
ドラフトルールについて
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-604.html



さすがにこのくらいまでドラフトが進むと、みんな大体狙っていた馬は獲り終えてしまう感じですね。
ウチのルールだとあくまで指名権獲得であって、実際には指名しなくてもいいので、とりあえず大物候補を押さえておいて様子を見るか・・・という戦術もアリです。
3人だけのドラフトなので、良血はまだたくさん残っていますから。
僕は配合が好みの馬を引き続き獲っていきましたが、みんなと違って僕の場合は徐々にマイナーどこになっていくため、「そいつ誰だよ!」と言われてばかりでした(^O^;)



ドラフト11位
・栗頭「母シークレットコード」
・ヒデ「母シークレットコード」
・ゲバ「母ムーンレディ」


ゲバルトさんが悠々と超大物ムーンレディを指名している中、別のハーツクライ産駒でまさかの指名被り(笑)

じゃーんけーん・・・
栗頭「グー」
ヒデ「パー」

俺ホントにじゃんけん弱いよな~。
今までゲバルトさんとのジャンケンも1勝5敗だし(笑)
今年も2敗とは・・・。


外れ11位(笑)
栗頭「母マイヴィヴィアン」


怒りのチチカステナンゴですよ。


ドラフト12位
・栗頭「母ロスマリヌス」
・ヒデ「母レディオブヴェニス」
・ゲバ「母ホワットケーティーディド」



ドラフト13位
・栗頭「母マリアヴァレリア」
・ヒデ「母ダイワスカーレット」
・ゲバ「母ダンスパートナー」


僕はジャングルポケット2連発で。
ヒデちゃんとゲバルトさんは「一応押さえておくか」的な指名ですかねえ。


ドラフト14位
・栗頭「母ターキー」
・ヒデ「母ポトリザリス」
・ゲバ「母ブロードアピール」


ハーツクライの(俺的)1番馬を獲られちゃったので、(俺的)2番馬を指名しました。
めっちゃ馬鹿にされました(笑)


ドラフト15位
・栗頭「母マチカネハツシマダ」
・ヒデ「母バランセラ」
・ゲバ「母ブリアンダ」


最後の締めとしてダークシャドウの弟を指名・・・シンボリクリスエス産駒ですけどね(笑)
ゲバルトさんの指名した母ブリアンダは注目していた馬ですが、馬名がサダムダイジョウブなので候補から外しました(笑)


これでドラフトも終了です。
終わってみて思うことは、一番しっかりとドラフトしてたのはヒデちゃんですね。
上位で大物をしっかりと押さえつつ、中盤は好みの馬で固め、ラストは余っている良血を一応押さえつつのオーソドックスな攻め。
指名回避可能なPOGルールにおいて適した作戦でした。

僕は配合の好みだけで選んでましたから、序盤こそ大物の獲り合いに参加してましたけど、途中から厩舎も微妙なのが多くなり、独りで好き勝手やってる感じでしたね。

去年もそうでしたが、ゲバルトさんはノープランすぎます(笑)。
一応マイリストを見ながらのドラフトでしたが、おそらく世間の評判は気にせず、上位以外はほとんど即興で馬を決めていましたね。
選ぶ馬の順番とかが全然読めなくて、いつも振り回されてしまいます(^_^;)。
まあもっとも今年の場合は、僕の候補リストとゲバルトさんの指名馬で被ったのが、エリモピクシーとニキーヤのベタどころ2頭だけだったんで、ほとんど被害がなく済みましたけど。


最後に僕の指名馬15頭の種牡馬をまとめてみました。

・ディープインパクト3頭
・アグネスタキオン1頭
・ダイワメジャー1頭
・ジャングルポケット3頭
・ハーツクライ1頭
・シンボリクリスエス3頭
・チチカステナンゴ2頭
・メイショウサムソン1頭


・・・ちょっと趣味に走りすぎたか!?
ま、まあ最終的に指名するかはわからないし、なんとかなるでしょ(^_^;)
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/13 | [] | Edit

う~ん…それは言われるまで考えたことなかったです(^_^;)

自分の感覚としては、フェアトライアル的な瞬発力が乏しい馬は、走りに芯が入らないというイメージです。
なので柔らかいタイプならフワフワしてるだけという感じで、逆にパワーだけの馬ならノソノソしているだけになりやすいと捉えてますね。
直線の末脚にしても、コーナーで捲る脚にしても、絶対的なスピードが足りてない・・・そんな感じでしょうかねえ。

となると、質問と照らしあわせてみた場合、血統的な瞬発力と血統的な潜在スピードはイコールのような感じで、僕は考えていたということになりますねえ。
フェアトライアルというのは瞬発力増幅というよりは、絶対的なスピードを増幅している仕掛けという説明の方が正しいのかもしれませんね。

ですからブリランテもヴィルシーナもホマレボシのような持続型のタイプでも、潜在スピードを強化するために必須であるフェアトライアルの増幅がカギを握っている・・・ってことなのかな。

すいません、脳ミソを整理した結果、そんな感じの結論になりました(^_^;)

2012/06/13 | 栗頭先生[URL] | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/13 | [] | Edit

Re: タイトルなし

そうですね、大体そんなイメージで僕も考えてます(^^)。

ただし、ノーブルコロネットはフェアトライアルをちゃんと強化してますが、それはあくまで一般的に合格というだけです。
ブリランテ、ヴィルシーナ、ワールドエースに比べるとフェアトライアル要素は、はるかに薄いので、そもそも潜在スピードのある馬として生まれているのか心配なんですよ。

全部が全部、血統中の配合通りに子供に遺伝するわけではないですから、そこは確率論なんですよね。
上手くフェアトライアルが発現されていなければ、普通にスピードのない粘りだけの弱い馬になっちゃうでしょうね(^_^;)

それはブリランテもヴィルシーナもワールドエースの配合でも同じことで、あの馬たちは上手くフェアトライアルを遺伝できたから(確率で勝ったから)、潜在的スピードがあったわけです。
ただ、ノーブルコロネットに比べてこの3頭は、かなり遺伝しやすいレベルで強く(濃く)フェアトライアルを増幅した配合なので、走りを見る前から「フェアトライアル要素は確実に遺伝してるだろう」という安心感のある配合です。
そこがノーブルコロネットとの違いですかね。

もちろんノーブルコロネットも合格点を与えられる配合だし、フェアトライアルが出ずらいタイプでもないと判断したので、自分はドラフトでも指名しただけに、大丈夫だと信じていますが(^^)。



2012/06/13 | 栗頭先生[URL] | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/13 | [] | Edit

Re: タイトルなし

配合としてはルーラーシップの方が好きですよ。
柔らかさが不足しているのでPOG期間は少し苦戦しましたが、ハイペリオン的な馬は古馬になってからが本当の姿ですからね。
ナスルーラとハイペリオンとフェアトライアルを濃密にクロスする完成度の高い配合です(^^)。

ラストグルーヴをぶった斬るのはデビューが近くなってからにしようと思ってますので、それまでに出来るだけディープ×トニービンをたくさん見ておきたいところですね。

2012/06/14 | 栗頭先生[URL] | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/14 | [] | Edit

Re: タイトルなし

スイートメデューサはデビュー延期っぽいですねえ・・・(^_^;)
なんだか有力馬が軒並み回避し始めてて残念です。

2012/06/15 | 栗頭先生[URL] | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/15 | [] | Edit