≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

メジャーグループ+マイナーグループの合計でポイントを競っている身内POG。
旧UMAJINの通常モード+地獄モードだと思ってもらえると、わかりやすいと思います。

今週の身内POGでは新たな指名はなし。
せっかく新馬戦がスタートしてワクワクしてるってのに、なんかつまらないです(笑)。
他人でもいいので、誰かしらの指名馬がデビューしてくれると、どんな馬なのか走りを見れるから楽しいんですけどねえ。

正直言って、なんか指名したくてしたくてたまらないですよ(^_^;)。
しかし去年は暴走してサクラルモンドを指名してしまった過去がありますから我慢します(笑)。
当時は血統の知識がまだ足りてなかったので仕方がないですが、なんであの配合をべた褒めしていたのか・・・今となってはサッパリですな(;´Д`)


阪神・未勝利1200m
◎ハナズデラックス


アウトシャインやエーシンセノーテは配合が好きじゃないです。
なので新馬戦でも本命にしたハナズデラックスをここでも応援しようと思います。

~新馬戦時の考察~
配合的にはパワー型のオレハマッテルゼに対して、ミスプロのスピードとカーリアン全妹の(Video)の柔さを持ってきたバランス的がお気に入り。
パロクサイド≒ネヴァービートのナスルーラ的な仕掛けも面白いです。


函館・新馬1200m
◎ジーブラック

母がリマインドのクロスにフォルリを合わせ、「ハイペリオン×フェアトライアル」血脈の濃い配合をしています。
サンデー系の柔らかさも必要ですが、クロフネにはこういうハイペリオン的なガッシリ感が大切でしょう。


福島・新馬1000m
◎テワヒポウナム


父のストーミングホームはミスプロのクロスやヘイロー≒サーアイヴァーのニアリークロスなど、かなりスピードに偏ったタイプです。
なのでサドラーズウェルズ×シャーリーハイツという重ための母と、ちょうど良いバランスにならないかな~と思ってますが、あんまし自信はないです(^_^;)
フランシスエス≒ボールドリーズン≒ネヴァーベンドは良さそう。



ダートの新馬戦はわからんのでパスします(笑)





スポンサーサイト


このコメントは管理人のみ閲覧できます
ドラゴンレジェンドとフラムドグロワールは俺も同じ考えですよ(^^)

これはまだ研究途中の考えなので、あくまで現段階での考えですが、競走馬って若駒の時は柔らかさが前に出やすいイメージなんですよね。
古馬になると硬い要素が徐々に追いついていく感じかなって思ってます。

(ドラゴンレジェンド)ステイゴールドの場合はすでに柔らかい斬れは十分に産駒に伝えますから、そこにナスキロメインの血を足すと、若い内はグニャグニャが優先されてしまいそうだなと思います。
古馬になってくるとノーザンテースト的なパワーも発現してくるので、馬に芯が入り、バランスがとれてくるのではないか説を唱えてます。
アルコセニョーラがそんな感じかなと。

この考えっておそらく(ラウンドワールド)ディープ×トニービン×ノーザンテーストでも同じなんだと思います。
トニービンはフェアトライアル満点なので潜在スピードはあるとしても、瞬発力を増幅する血ではないので、基本的にはディープの柔らかさが勝ちすぎてしまう印象があります。
なので、持っているエンジンを全開にするまでの時間がかかり、取りこぼしが多くなる。
もしくは極端な話、エンジン全開すらも難しい馬も多く生まれそうだなと。
だとすればPOG期間に苦戦しそうですよね。
でも古馬になるとノーザンテーストのパワーが追いつき、トップスピードに乗せやすくなるから、素質に見合った活躍をし始めるのではないかなと思ったり。
グルヴェイグを見ながらそんな風に考えました。

このパワーの発現に関しては、単純に馬体の成長によるものという考えもありますが、血統派としてはノーザンテーストに理由をくっつけたくなりますね~(^^)。

ドラゴンレジェンドに関しては、ノーザンテースト≒ヴァイスリージェント4・4×5で、パワーを強力に補っているので、ナスキロ持ちにしては褒めれる配合だとは思いますよ。


フラムドグロワールはおっしゃっている通りです。
Natashkaという血がナスキロですから、あともう1つサーゲイロードあたりがあればOKだったのかもしれませんね。
ただフラムドグロワールの場合、そうだとしてもおそらく一番影響力が強いのは母父ブライアンズタイム(ロベルト)のパワーと粘りでしょうね(^_^;)
どっちにしろ中山の荒れ馬場でもない限り、重賞クラスでは斬れ負けしそうだな~って思っちゃいます。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ディープよりはスピードタイプに出たのは父の適性もあると思いますよ。
フジキセキのナスキロ柔さ(Millicent)をいじるような仕掛けはありませんからね。
逆にディープは素でヘイロー≒サーアイヴァーの柔らかさが出やすいタイプというのもあるのかもしれません。

ただ配合的な良し悪しがどうなのかというのは判断できないですねえ。
母系の優劣に限らず活躍馬をだしますし、配合的な共通点もあんまりなくて・・・。
フジキセキは意味不明です(笑)

ドリームパスポートの配合は質のいい血がたくさんあって、キレイな配合だな~とは思いますよ。
褒めることはできますが、どこのどんな血がフジキセキのポイントで・・・とかはサッパリわからないですね。

まあでも「一般的なサンデー系の見解」で見た場合、フジキセキの方がやや良いのかも・・・?とは感じます。
ラウンドワールドは、瞬発系の要素が足りないという欠点から、柔らかさが勝ってしまっているタイプです。
それに比べるとドリームパスポートの場合は、芯を通すという意味ではインリアリティが上手いこと機能していそうです。

インリアリティはアメリカ的なパワーをベースにした瞬発力を伝えるタイプだと思いますからね。
このパワーがグレースランドに足りない瞬発系の要素を上手く補完しているとは考えられそうですよ。
もちろんラウンドワールドもドリームパスポートも、どっちも良い配合だというのを前提にした上での話ですが。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.