≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

土曜の阪神未勝利戦では、ハナズデラックスの単勝を勝って応援してましたが、最下位に負けてしまいました。
よくよく考えてみたら連闘だったんですね(^_^;)
さすがにこの時期の牝馬には過酷だったんじゃないでしょうか。
いや~血統表ばかり見てて、超基本的なことを忘れてました(笑)

日曜デビューの中には、思わずPOGで指名したくなる程の好配合馬がチラホラいましたよ。


函館・新馬1200m
◎アットウィル

ファインチョイスの全弟ですね。
アドマイヤムーンにとって相性のいい(フォルリ×Thong)のサッチを持ってます。
Thongってなんて読むの?・・・トン?

母や姉は短距離が主戦場でしたが、配合的には「ナスルーラ×プリンスキロ」的な影響力がかなり強く、そこに柔らかいアドマイヤムーンなので本質はマイルくらいがベストかな~と思ってます。
ただしタイキシャトル×カポーティという単調なスピード血統ですし、マイルよりも2歳夏のスピード戦の方が稼ぎどころって感じですかね。


福島・新馬1200m
◎フリティラリア


チェリーペトルズの配合はダイワメジャー×サクラバクシンオー×ストームキャットで、ノーザンテースト≒ストームバード3×4・5にスカーレットブーケ≒ストームキャット。
いかにも短距離で突進してくださいといわんばかりの配合なので、こっちの方が向いてそうな気もしますが、純粋に配合が好きなのはフリティラリアですね。

母リリウムはクロフネ+「ハイペリオン×サンインロー」の塊という組み合わせの、パワーすぎる配合です。
アドマイヤムーンという種牡馬は柔らかすぎるくらいなので、力馬の母とは相性が良く、ステイゴールドのようなイメージだと思います。
ステゴ×母リリウム=アイスフォーリスですから、アドマイヤムーンに変わったこの馬も方向性は似たようなもんです。

またリリウムが持つグロースタークはアドマイヤムーンと相性が良く、レオアクティブ、セイクレットレーヴ、スノードン、ゴールデンムーンなどの活躍馬を輩出しています。
他にもバックパサーとの相性も良さそうで、こちらはレオアクティブ、ハクサンムーン、スノードン、アルキメデス、ゴールデンムーンなど。
配合全体部分をみても、詳細部分をみても、なかなか良い配合だな~と思いますね。


阪神・新馬1400m
◎ダンツカナリー

ブリッツェンの妹です。
母がカーリアン≒ラストタイクーンを持ち、上質の柔らかさを提供してくれそう。
母が持つフォアシアー×ミルリーフを、フジキセキのミリセントがニアリークロスを使って継続していますから、要所は押さえた「ナスルーラ×プリンスキロ」的好配合だと思います。

ま~フジキセキはイマイチ答えがわからないタイプなので、実際に走ってみないことには何とも言えませんけどね(^_^;)
逆に考えると、フジキセキだからこそ一発あるかも(笑)
全兄や全姉はイマイチ結果が出ませんでしたが、この馬はひと味違うかもしれませんよ。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.