やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

函館スプリントS

勝ち馬になって納得の出来る配合の馬

・ロードカナロア
・ドリームバレンチノ
・エーシンリジル
・キングレオポルド
・ブルーミンバー
・ドラゴンファング


候補に入れていないパドトロワですが、納得出来る出来ないではありません。
僕がスウェプトオーヴァーボードの配合の方向性がわかってないだけです(;´Д`)


◎ロードカナロア
このレースに向いているかはアヤシイですが、配合がとにかく大好きな馬です。
もちろん配合だけでどんなレースにも勝てるというほど血統は万能ではありません。
ですがG1の舞台までは負けてほしくないという応援の意味も込めての本命。

この馬の配合に関しては過去に書いているので、今回は省略。
気になる方はブログ内の記事検索で「ロードカナロア」と入力してください(笑)
・・・といっても、大した考察はしてませんけどね(^_^;)
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.06/21 09:57分 
  • [Edit]

Re: No title 

これは良い馬だと思いますよ(^^)。
母父サンデーとサーゲイロードのナスキロがあるので、柔らかさもしっかりとしていますが、配合的にはMountain Flower、Abernant、チャイナロック、Aureoleという4つの「ハイペリオン×サンインロー」血脈にノーザンテーストのハイペリオンが掛かってくるので、持久力を活かしたパワータイプでしょうね。
短距離としては中々完成度の高い配合のように思います。
これと言った配合的欠点も見つかりませんよ
  • posted by 栗頭先生 
  • URL 
  • 2012.06/22 00:58分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.06/22 09:23分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.