やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

ラジオNIKKEI賞を予想

勝ち馬になって納得の出来る配合の馬

・オペラダンシング
・ローレルブレット
・ロードアクレイム


3頭だけとは少ないですねえ(^O^;)
本当にこの中から勝ち馬が出るのだろうか・・・。


◎ロードアクレイム
今をときめくディープ産駒ですし、3頭の中なら一番配合も良いです。
「ハイペリオン×フェアトライアル」の豊富さに加えて、ナスルーラの柔さとハイペリオンの持続力が素晴らしいトニービン。
ヘイロー≒ドローンをレッドゴッドを使って継続出来る上に、テューダーミンストレルの機動力も確保できるブラッシンググルーム。
両方ともディープインパクトと相性が良く、しかも母がオークス馬なんだから間違いないっしょ。


CBC賞は短距離血統の見方がよくわからんのでパス。
というか新馬考察で疲れました(笑)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.