やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

函館2歳S予想

POGにとっては最初の重賞ですね。
いつもの重賞予想よりほんのちょっと気合をいれて予想してみました。

勝ち馬になって納得出来る配合の馬は5頭


・アットウィル
詳しい配合の考察は過去の記事を参照してください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-641.html


・タガノハピネス
新馬戦で本命にした馬で、その時の考察を載せておきます。

~過去の記事より~
ブロードマラ×フェアリーキングという配合は

・ノーザンダンサー
・スペシャル=サッチ
・リーガルグリーム≒ボールドリーズン(広く言えばニアリーかなと)

などのクロスがあるニアリーな関係というのがポイント。
タガノハピネスはそこに更にカーリアン≒ストームキャットもダブルで絡んでくるのが面白いです。
フェアリーキングやストームキャットのスピード資質と、カーリアンの柔らかさとの融合に期待しています。


・トルークマクト
カーリアンのクロスが特徴ですが、そこに対してにサドラーズウェルズがノーザンダンサー、ヘイルトゥリーズン、ラトロワンヌなどのクロスで関わってくるので、ニアリークロスに近いレベルで絡むというのが面白いですね。
軽すぎず重すぎの程よさが好きです。


・ティーハーフ
詳しい配合の考察は過去の記事を参照してください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-640.html


・ジーブラック
新馬戦で本命にした馬で、その時の考察を載せておきます。

~過去の記事より~
母がリマンドのクロスにフォルリを合わせ、「ハイペリオン×フェアトライアル」血脈の濃い配合をしています。
サンデー系の柔らかさも必要ですが、クロフネにはこういうハイペリオン的なガッシリ感が大切でしょう。



アットウィルやティーハーフは軽いスピードが中心となっている配合で、1200mより1400m向きのタイプだと思います。
配合的な好みで言えば◎ジーブラックかな。
とはいえ、この時期の重賞にそこまで細かな適性が要るのかはよくわかりません。
どれが良さ気なのかようわからんので、とりあえず馬券は上の5頭で3連複ボックスで買ってみようかなと思います。
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.07/14 02:56分 
  • [Edit]

 

う~ん・・・僕にはティーハーフの状態が良くないように感じるんですけど気のせいですかねえ・・・(^_^;)
調教の映像を見ても、な~んかピンとこない感じです。
陣営によると馬体は10kgくらい絞れて良いとのことですが、絞れての上積みと素直に受け取ってもいいものかと疑問に感じなくもないですし・・・。

ま~僕は馬体や走りを見るのは得意でないですから、単なる勘違いだったらいいんですけども(^O^;)
  • posted by 栗頭先生 
  • URL 
  • 2012.07/14 13:56分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.07/14 17:07分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

ティーハーフは自分が想像していたよりは全然悪くなかったので、ホっと安心しています。
ま~負け方は配合通りっていう感じでしたけど(笑)
賞金加算できなかったのは残念ですが、短距離路線を十分楽しめそうですから、やっぱり指名してよかったですよ(^^)。
  • posted by 栗頭先生 
  • URL 
  • 2012.07/14 18:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.