09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

スイートメドゥーサをぶった斬る!

オークス馬ローブデコルテの子供です。
この馬に求められるのは堅実な1勝ではないでしょうから、大物になる可能性がどうなのか配合から探ってみようと思います。


・こんな馬が去年も…

父アグネスタキオン産駒というのは基本的に母型の配合がタイプに出やすいです。
母ローブデコルテの父は「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈豊富なコジーン。
ですからスイートメドゥーサは、母父コジーン譲りの柔らかい斬れ味を武器に走るタイプじゃないかなと思うんですよね。

このように母ベースになりがちなタキオンですが、一つだけ押さえておきたいポイントあります。
それは「ハイペリオン×レディジュラー」血脈をクロスするということ。


タキオンの祖母アグネスレディーは、リマンド×テューダーミンストレルという「ハイペリオン×レディジュラー」血脈同士のクロスを持つ凝縮体です。
特にテューダーミンストレルというのは、力強いパワーベースのスピードを伝える快速血統。
タキオンの柔らかいスピードに対して、このテューダーミンストレルが強烈な推進力を与えることで、芝向きの斬れが備わるという仕組みなんですね。
ですから、母に「ハイペリオン×レディジュラー」血脈を持ってきて、タキオンのテューダーミンストレルを増幅してあげるのが成功の法則というワケ。


ではスイートメドゥーサの母ローブデコルテはどうなのかと言うと、残念ながら「ハイペリオン×レディジュラー」血脈を持っていません・・・。
なのでコジーンの「ナスルーラ×プリンスキロ」的にグニャグニャしてるだけの、決め手に乏しいタイプになってしまう可能性があります。

しかしローブデコルテの場合は、実はシーキングザゴールドが配合的弱点を補うための、優秀な代役を担っているんですよ。

そもそもテューダーミンストレルを増幅する理由は、力強い推進力を与えるパワーをタキオンに補強したいがための仕掛けです。
その仕掛けがない代わりに、ミスプロ系でもバックパサー(ウォーアドミラル×ラトロワンヌ)のパワー色が非常に濃いシーキングザゴールドが3代目にドッシリと座ることで解決させました。

つまりスイートメドゥーサは柔らかさとパワーのバランスはしっかり保っている好配合ということです(^^)。


とはいえ、「ハイペリオン×レディジュラー」をちゃんと増幅した馬に比べて、シーキングザゴールドのパワーというのは、ダートに適性がシフトするような図太いパワーです。
タキオンの良さである軽い斬れを多少犠牲にしてしまう可能性も否定できません。

また、「ナスルーラ×プリンスキロ」やミスプロ的な軽快なスピードと、バックパサーのようなアメリカ的なパワーが中心のため、ちょっと一本調子なイメージもありますね。
もう少しハイペリオン的なスタミナで地盤を固めるような仕掛けがあれば、配合的にも懐が深く、メリハリのあるタイプになったのになあと感じなくもないです。


このようにスイートメドゥーサは、十分褒められる配合でありつつも、な~んか一線級に打ち勝って頂点を目指すような姿が想像しづらい・・・という微妙なラインですかね(^_^;)
言い方は悪いかもしれませんが、個人的には「夢のない好配合」だと思ってます(能力を否定するものではありません)。



さて、実は去年も非常に似たタイプの馬がいました。

シンメイミネルバ&ローブデコルテ


サウンドオブハートです。


スイートメドゥーサと同じアグネスタキオン産駒。
母父がカーリアンですから「ナスルーラ×プリンスキロ」の柔らかさを伝える種牡馬です。
「ハイペリオン×レディジュラー」要素に関しては、かろうじてダンジグを持っていますが、それだけに頼っている状態で非常に心許ないのは事実です。
ですが、こちらもミスプロ×「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」の組み合わせであるウッドマンを持ってくることで、パワー血脈のバランスをとっています。
しかしやはり単調な配合だというのは否めず、ハイペリオンが決して豊富ではないという点も似ています。



サウンドオブハートをどう判断するかは、人それぞれですから後は個人の判断となってきますね。
ま~牝馬路線で十二分に頑張ってくれた馬ですから、あの馬をダメなんて言うのは贅沢な話ですが・・・(^_^;)

もちろんスイートメドゥーサに関しては母がG1馬なので、単純に資質の高さを考えたら楽しみが大きいのは間違いありませんよ(^^)。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/16 | [] | Edit

ふむふむ結構揃ってますねえ。
これはどの馬もワリとハッキリとした配合ですから、ぶった斬りのし甲斐がありそうですよ(笑)



2012/07/16 | 栗頭先生[URL] | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/16 | [] | Edit

Re: タイトルなし

判断は微妙なところですね~。
ハーツクライの急所はおそらく祖母のビューパーダンスを増幅することにあると睨んでます。
その点でレコンダイトの母父ラストタイクーンとビューパーダンス間では、ノーザンダンサーとブサンダがクロスするので、まあまあ増幅している良い関係だなとは感じるんですよ。
ただし、ビューパーダンスの中でも一番大切な要素だと思うのがリヴォークドという血だと思います。
この血は決して多く広まっている血ではないにも関わらず、ウインバリアシオンとジャスタウェイはリヴォークドのクロスを持っていて、ギュスターヴクライはリヴォークド≒ブラックボールがあります。
これはやはり重視したいなと感じますね。
その点で見るとレコンダイトはその血を持たないので、大切なポイントは押さえてない分、大丈夫かな~と疑問に思わないこともないですよ。
ハーツだとダートなのか芝なのかはわかりませんけども(^_^;)


サンテミリオンの場合は、父ゼンノロブロイはサンデー×ミスプロの軽さが中心です。
そこで単調になり過ぎないように、ミルリーフのクロスというナスキロ的な斬れを持つ母モテックでスピードを補ったというのが良いです。
これは単なる柔らかさの補強というだけでなく、米血オンリーのロブロイに対し、ヨーロッパ血脈を合わせることで血の活性化を図るという二重の仕掛けが成功の秘訣なワケですね(^O^)

2012/07/16 | 栗頭先生[URL] | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/16 | [] | Edit

ハーツ×リヴォークドの組み合わせは、母サセッティ、母シャイニングピアス、母シャドウエルフ、母シークレットコード、母ラークホイッスルの5頭ですね。
ハーツ×ブラックボールは母エイシンミュー、母オーラ、母センスオブアート、母ダムドコンパニー、母ラタフィア、母ルンバロッカの6頭になりますよ(^O^)

んでレコンダイトの似た馬ですが、実はハーツ×ナスキロ的牝馬の組み合わせって活躍馬がいないんですよ・・・(;´∀`)
いや、いないことはないんですけど、アドマイヤラクティ、ダイワズーム、カポーティスター、トーシンイーグルなど、みんなシアトルスルー持ちだったりします。
シアトルスルーはナスキロと言っても、いかにもアメリカ的な一本調子のスピードタイプです。
アメリカ血統とハーツクライが合うというのは、ウインバリアシオンやジャスタウェイ、キョウワジャンヌを見ても納得出来るんですけども・・・。
レコンダイトの母モテックの場合はミルリーフのクロスですから、僕が普段求めている斬れるタイプのナスキロであって、この手のナスキロ的牝馬×ハーツからは活躍馬ゼロです(^O^;)

なので、一体どんなタイプになるのかが全然想像出来ないんですよね。
相性悪いのかなあ・・・。

2012/07/16 | 栗頭先生[URL] | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/16 | [] | Edit

Re: タイトルなし

いや多分ハーツにはなぜか一本調子のアメリカ的なスピード血統の方が合うと思うんですよね。
活躍馬はほとんどそんな感じですし(^_^;)
基本ハーツクライは晩成的なので、ギュスターヴクライのようのヨーロッパ的な重厚さを持ってくると、成長が遅れてしまう傾向が見えますね。

ジャンポケはやっぱりサンデーを持たない分、母方に求められる質というのが、とにかく柔らかさが欲しい!という命題のようなものに縛られてます。
その分ハーツクライはやっぱり配合にある種の余裕が持てるというか、同じトニービン持ちでも初めから柔さを備えているため、全く狙いが違ってくると感じてます。

となるとサンデー×トニービンのアドマイヤベガでしょうかねえ・・・。
アドベガ×ナスキロ複数の母で言うと、ブルーメンブラットですね。

牡馬に誰かいないかな~と探したものの、オースミスパークは複数持ちなものの、母父フォーティナイナーだからミスプロ(アメリカ的な)スピードタイプで、これはちょっと違うし・・・。
サンライズベガはこれまたシアトルスルーだから違うし・・・。
んで結局見つからず・・・。

父サンデー系×母にトニービン持ちのナスキロ的なタイプも調べて見ました。
オメガハートランドはシアトルスルーなので違うとして、斬れタイプのナスキロはテイエムオーロラですね。
でもこれも牝馬なのでちょっとイメージしづらく、しかし牡馬はいませんでした・・・。

意外といないもんですえ(^_^;)
全然似てるタイプが見つかりません・・・。


イメージとしてハーツクライは、ハイペリオン的な持続と、ナスルーラ的な柔さが豊富なトニービンだけに中距離向きのジワジワ伸びる性質があって、それをリファールの粘りでスピードの維持を強化しているため、東京のような長い直線で徐々に加速していくタイプになりやすいと思うんですよね。
そこにナスキロ的な斬れの母モテックだけに、その性質は更に顕著になるだろうと考えられますよ。

2012/07/17 | 栗頭先生[URL] | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/17 | [] | Edit

Re: タイトルなし

サドンストームやスイートメドゥーサの時も書きましたが、軽快なスピード血統ばかりだと淡白なレースをするタイプが多くなるから、ハイペリオンのような欧的スタミナが欲しいって言いました。
きっとハーツクライはそれの逆なんでしょうね。

ヨーロッパ的(ハイペリオン的)なトニービン×ヨーロッパ粘りのリファールという組み合わせだけに、奥があり過ぎて晩生化に傾くのかもしれません。
アメリカ的な単調なスピードを入れることで、早期からのスピード勝負にも対応できるのかも?・・・と、今回改めて感じましたよ(^O^)

2012/07/17 | 栗頭先生[URL] | Edit