やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

ウインドストリームをぶった斬る!

音無×G1レーシング×タキオン×坂路好調教となれば、非常に魅力的なのは間違いありません。
しかしこの組み合わせ・・・僕はクラヴェジーナを指名してしまったトラウマがあります(^_^;)。
後悔のない指名をするためにも、ちゃんと配合を見ておこうと思います。


・好時計も納得のパワー

まずスイートメドゥーサの考察でも言いましたが、アグネスタキオン産駒というのは基本的に母型の配合がタイプに出やすいです。
ですから母ベユーズラッシーの血統をじっくり見ることにします。

父のアウトフランカーという馬の配合構成は

1,父がフェアトライアル的なパワーを伝えるダンジグである。
2,母父が力強いパワーを持つ反面、伸びのない走りを伝えるアリダー。
3,母母が「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」血脈ブサンダをもつパワー型。


ということで、かなり強烈なパワーを誇り、同時に柔らかいというよりは、力任せの足さばきによる機動力を伝えそうだな~と感じます。
これってドナウブルー、ジェンティルドンナの母父であるベルトリーニにそっくりなんですよね。

ベルトリーニもダンジグ×アリダーという構成で、母母が「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」の組み合わせです。
補足ですが、その母母はナスルーラとサンインローを併せ持つというのも共通しています(アウトフランカーの場合はナスルーラではなくニアリーな関係であるロイヤルチャージャーです)。

アウトフランカー≒ベルトリーニ


ジェンティルドンナの母父に似てるなら悪くないんじゃないの?と考えられなくもないですね。
しかしジェンティル(ドナウ)の父ディープインパクトというのは、ヘイロー≒サーアイヴァーの素軽さは確実に産駒に伝えるという最強の長所があるんですよね。
その点アグネスタキオンはよくも悪くも「母に忠実」です(^_^;)
ま~普通に考えたら硬すぎるのでは?という心配の方が大きいような・・・。


続いては、ウインドストリームの祖母バイユープランズの血統構成を見てみましょう。

父のバイユーヘバートはホイストザフラッグ系種牡馬です。
ホイストザフラッグというのはスタミナを伝えるタイプではあるものの、自信がダート短距離で活躍したように、トムロルフ×ウォーアドミラルというパワーも持ち合わせています。
バイユーヘバートというのは、そのホイストザフラッグに、これまた力馬の面が強いダマスカスを組み合わせた馬ですから、ずいぶんガッシリしたタイプだなと・・・(^O^;)

ではバイユープランズの母方はどうなっているのかというと、パッと目に入ってくるのはインリアリティでしょうか。
この血はウォーレリック3×3というクロスを根幹とする、パワーに支えられたスピード血統です。
インリアリティというのは結構存在感がある血でして、これがあるだけでそれなりに影響力はありそうな気はしますね。
しかもアグネスタキオンとの組み合わせだと、インテント(父ウォーレリック)のクロスなんですよ。
インリアリティの特徴であったクロスを継続して強化しているわけですから、少なからず存在感が増すだろうなという雰囲気はあります。


まあそんな感じで、どこのどの部分を切り取っても強靭なパワーに裏打ちされたスピードで突っ走るようなタイプに見えるな~と。
別にそれが悪いというわけじゃないんでしょうけども・・・。
でも個人的にはアグネスタキオン産駒ならば、父の特徴であったナスルーラ的なしなやかさで斬れる馬が良いかなって・・・(;´∀`)
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.07/17 01:57分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

適性までは正確に図れませんが、個人的なイメージではダートに出るほうが自然かなとは思いますねえ。
  • posted by 栗頭先生 
  • URL 
  • 2012.07/17 10:26分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.07/17 12:08分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

追って味があるタイプには見えません(^_^;)
自分の形にハマれば強いでしょうけど、ちょっとタフな競馬になるとコロッと負けそうな雰囲気はあります。
今回のレースがタフになるのかは僕にはわかりませんが、先行に厳しい馬場状態となると、他の馬の台頭もあるんじゃないですかねえ。
とりあえず今クライナーヘルツの考察記事を書いているので、今日の夜か、明日の昼にでもエーシントップはやるつもりですよ(^^)。


  • posted by 栗頭先生 
  • URL 
  • 2012.07/17 13:30分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.