09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

クライナーヘルツはぶった斬らない!

今期注目のネオユニヴァース産駒でも特に話題になっていた馬です。
当たればデカイ父ですが、かなりのハズレも存在していますので、後悔のない決断をしたいところですね。


・ケープクロスが合う理由

ネオユニ×ケープクロスというのはロジユニヴァースと同じ配合です。
ダービー馬を排出したこの組み合わせが、なぜ優れていたのか考えてみましょう。

父ネオユニヴァースというのは、母ポインテッドパスが持つフェアトライアル(5×7)的な影響か、回転の早い走法で捲るような機動力に優れています。
しかしそのフェアトライアル的特徴をAクラスの脚力に増進させている影の主役がいて、それがテューダーミンストレル。
テューダーミンストレルというのは短距離の怪物だった馬で、主に強靭なパワーをベースにしたスピードを伝える血です。

テューダーミンストレルの祖母は、フェアトライアルの母と同じレディジュラー。
つまりポインテッドパスが持つフェアトライアル(母レディジュラー)クロスに対して、このテューダーミンストレルがレディジュラーのクロスという形で絡んでくるんですね。
これによりフェアトライアル的特徴と、テューダーミンストレル的(パワー)スピードを上手く増幅しあっているワケです。

そこでネオユニのお相手にはテューダーミンストレルを増幅するために、同じ構成である「ハイペリオン×レディジュラー」血脈を持ってくることが成功の秘訣かなと思うんですよね。



さて肝心のケープクロスはというと、ダンジグ、ヘレンニコルス、バリダレスという3本もの「ハイペリオン×レディジュラー」血脈の塊のような存在。
特にバリダレスという血はテューダーミンストレルを抱えていますので、ネオユニで一番のカギであったテューダーミンストレルを直接クロスして強化しているのが特徴です。

また、フェアトライアル5・6・7・7・7と、こちらの要素も非常に豊富。
ネオユニの武器と言える、フェアトライアルの方もちゃんと増幅しているんですよ。


更に特筆すべきなのは、サーアイヴァーも持っているという点。
これによりヘイロー≒サーアイヴァーのニアリークロスが成立します。
ヘイロー的な走りというのは、軽く器用な足さばきが特徴ですかね。
個人的には忍者のようなタイプだと考えてます(*^_^*)。

ネオユニのフェアトライアル的機動力というのは回転の早いピッチ走法ですから、ヘイロー的な走りと並べて軽さとパワーという性質の違いこそあれど、増幅している方向性は同じ「機敏さ」なワケです。
つまりこの2つは非常に相性の良い組み合わせということですね。


ネオユニ×ケープクロスが優れているというのは間違いありません。
もうこれだけで力強い機動力と素軽い器用さを兼備した好配合ですから、非常に期待できそうじゃないですか(^^)



ということで、ケープクロスの良さは十分伝わったと思います。
ただしクライナーヘルツの配合構成で言うとはまだ4分の3しか説明しておらず、祖母Woodrisingの部分が残ってます。
ですから、こっちもちゃんと考えることにします。


祖母の構成を見ていると、まず注目すべきなのはアバーナントという血。
この血は「オーエンテューダー×サンインロー×レディジョセフィン」という構成で、これはテューダーミンストレルと同じ構成なんですよね。
つまりネオユニ×ケープクロスのテューダーミンストレルのクロスを、テューダーミンストレル≒アバーナント7×7・7という形で更に増幅することになります。

テューダーミンストレル≒アバーナント


そして他の血でいうとバステッドという血も興味深いですね。
これは「クレペロ×フェアトライアル」という組み合わせ。
ネオユニが持つソフトエンジェルスも「クレペロ×フェアトライアル」ですから、両者が結びついて増幅し合う関係となります。
この仕掛けによっても、フェアトライアルを増幅することになりますね。
また、クレペロが伝えるスタミナは、直線でのしぶとい粘り込みを支える心強い味方になるハズです。



そんなワケで、このライジングクロスという母は、もうほとんどネオユニヴァースのために存在しているといっても過言ではなさそうですよ(^O^)

配合の方は夢が広がるばかりなんですけど、馬体重小さいのってどうなんですかねえ・・・(^O^;)
こちらは僕の専門外なので知りません(笑)
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/17 | [] | Edit

Re: タイトルなし

クライナーヘルツに関しましては、仲間内POGでの牽制があるのでまだヒミツです(笑)
アイビスサマーダッシュの方はどうなんでしょう・・・。
まだレース毎に何が有利とか勉強してないのでハッキリわかりませんが、短距離レースは総じて苦手なので、多分このレースもダメでしょうね(笑)

2012/07/17 | 栗頭先生[URL] | Edit

適当な発言ですが、体重から強調されてる要素の中でどれが顕在化してきるとか、見抜けたりしないですか。



2012/07/17 | くじら[URL] | Edit

くじらさん

う~ん・・・あってもおかしくはないと思うので、気にはなっているんですけどね・・・。
どうやって調べたらいいのかサッパリです。
少なくとも似たような配合系のロジユニヴァースやヴィクトワールピサは馬体重大きいですし・・・。

母系の影響もあるんですかねえ。
全弟はもう少し大きくなりそうなコメントがありましたけども。

2012/07/17 | 栗頭先生[URL] | Edit

いれて!

美女・ロリ・お姉様・お嬢様・ギャルたくさん揃っています(*´ェ`*) http://you.ktjg.net

2012/10/02 | 恭子[URL] | Edit

恭子さん

入れて!・・・って言われましても~(ノ´∀`*)

正直言いますと、僕はふしだらな女性はあまり好きではありません。
こんな僕でもお誘いただけただけで光栄ではありますが、そういうのは他の方に求めた方がいいとおもいますよ(^^)。

でも競馬好きの女の子なら迷うかも(笑)

2012/10/06 | 栗頭先生[URL] | Edit