やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

中京2歳S

函館2歳Sに続き、この時期の短距離レースだけに全く自信はありません(笑)

勝ち馬になって納得出来る配合の馬
・・・・・・いませんでした
(;´∀`)



ということで、ちょっと甘目にジャッジして配合が良い馬を挙げてみます。


・タガノラルフ
スペシャルウィークにサーゲイロードのクロスを持つ母を合せて、父ゆずりのストライドに「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかさを補強しています。

また母レディアップステージはリファールの粘り、バステッドのスタミナ、トロイの持久力など、底力豊富な血統というのも良いです。

ただし、スピードをトップギアに乗せていくようなパワーの要素には少し不安を感じています。
出来ればバックパサーを増幅するような「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」血脈か、フォルリやテューダーミンストレルのように、スピード型の「ハイペリオン×レディジュラー」血脈を持ってくるかの仕掛けがあると、個人的な好みで言えば満点でしたね。

この要素に乏しいため、ジリジリと伸び続ける感じで、一歩突き抜けるイメージが湧きづらい・・・という印象です。


・メイケイペガムーン
母はダートで活躍した馬で、こういうパワー型とアドマイヤムーンは相性が良いです。
アドマイヤムーンはミスプロやサンデーの軽さばかりが伝わりがちです。
なのでトムロルフ3×5を通じて、フォーティナイナーのパワーを増幅しようとする狙いはプラスに出ていると思います。

好配合馬として挙げなかったのはなぜかと言うと、活躍馬がみんな持ってるスペシャルという血を持たないから・・・という単純な理由だったりします(^_^;)
特に不満要素もないですし、普通に良い配合ですよ(笑)


・エーシントップ
この前、ちゃんと考察したのでそちらをご覧ください。

エーシントップをぶった斬る?
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-652.html



ま~そんなこんなで、本命はメイケイペガムーンですかねえ。


ちなみに仮にミヤジタイガが勝った場合、僕はPOGでネオウィズダムを指名します!
・・・と意味不明な発言をここでしてみたり(^_^;)。

「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかさ豊富な母とネオユニヴァースとの相性がどうなのか・・・。
今後の考察のためにもこの馬には注目しているんですよ。
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.07/21 21:38分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

エーシントップはスピードの絶対値が違う気もしますが、やっぱりどこかでガス欠を起こすのではないかという思いもあったり・・・。
前がバテるようならタガノラルフの持久力が活きる展開になりそうですかねえ。

ホントどの馬にもチャンスはあるでしょうから、僕には難解すぎますよ(^_^;)
  • posted by 栗頭先生 
  • URL 
  • 2012.07/22 01:51分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.