アドマイヤドバイはぶった斬らない!

調教で良い動きを見せているようで、個人的には非常に気になる存在。
叔父にアドマイヤフジやアドマイヤコスモスがいる血統ですので、期待できそうじゃないですか。
ということで配合を調べてみました。


・中距離馬への挑戦

まずアドマイヤムーン自身の傾向ですが、軽快なスピード「ばかり」が伝わるなという印象です。
ヘタしたらひ弱さに出てしまいかねないため、その部分への対策として、相手牝馬は硬質な血統構成の馬を合わせる必要があると感じます。


そこで重要になってくるのが「ハイペリオン×サンインロー」血脈。
ヨーロッパ的で、硬質かつ重厚なスタミナ血統をしっかりと補強することで、軽すぎるというアドマイヤムーンの弱点をカバーしようということです。

その点、祖母のアドマイヤラピスは、ビーマイゲスト×エラマナムーという、「ハイペリオン×サンインロー」の化身のような配合をしています。
実際に自身はステイヤーズSで2着になるなど長距離で活躍し、産駒でもアドマイヤフジやアドマイヤコスモスという中距離馬を産んでいますから、欧的スタミナは折り紙つき(^^)。


とは言え、基本的にアドマイヤムーンは短距離適性が強いです。
頑張って補強した「ハイペリオン×サンインロー」的重厚さは、短距離での爆発力として活かされることも多いでしょう。

そんな中、1800m以上でのレースで結果を出したスノードンとアルキメデスの2頭は、ミスプロをクロスしているという共通点があります。

ここから感じるのは、ミスプロをクロスせよ!ってことではなくて、軽い面を引き出せ!ってことだと思うんです。
軽快な要素を強調し、走りにゆとりを持たせたることが、淡白なスピード馬で終わらせないコツなのかもしれません。


そこでアドマイヤドバイが持つサンデーサイレンス3×2という大胆な試みは、非常に意義のある挑戦だと思います。
サンデーサイレンスの柔らかさを前面に出すことに成功していれば、母系の「ハイペリオン×サンインロー」はマイル~中距離を支えるスタミナになってくれるハズです。



ですから僕は、アドマイヤドバイは中距離でも期待できる存在だと注目しています。

仮に父の傾向通り短距離適性が強かった・・・となったとしても、配合のクオリティが高いのは間違いありません。
それならば豊富なスピードを武器にマイル路線で活躍してもらいましょう。

いずれにせよ楽しみな馬だと思いますよ(^^)。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

普段コースごとの適性などはあまり気にしたことないんですが、各競馬場の1800mレースにおけるディープの成績を調べてみました。
札幌1800mの成績は勝率38.5%、連対率46.2%で、全場の中でダントツ1位ですよ。
ちなみに次に良いのは京都1800で21.2%、34.6%でした。
京都が強いのはイメージにあったのですが、札幌でここまでの成績だというのは正直言って驚きでしたね。

ちなみにデュランダルは千八という距離自体を走っていることが少なく、全競馬場を合わせても111走しかしていません。
その内、札幌はわずか6走でまだ掲示板に乗った馬がいませんね。
全競馬場でみると、勝利率8.1%、連対率15.3%でした。

グラスワンダーは全競馬場(千八)では勝率7.1%、連対率12.9%という成績ですから、千八という距離自体があまり奮ってはいませんね。
札幌に限定すると2着が1回のみで、まだ勝ち星はありませんよ。

ブライアンズタイムは全競馬場の成績8.7%、17.9%で、札幌に限定すると勝率9.5%、19.0%ですね。
まずまず普通な感じでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ファルブラヴの千八成績は全体で勝率10.8、連対率17.5でした。
出走回数が少ないので、正確なデータとは言えないかもしれませんが、札幌の成績は(2-0-1-7)で勝率20.0、連対率20.0ですね。

ちなみに全距離のデータでみると、
札幌は勝率7.8、連対率13.7
函館は勝率19.6、連対率27.5
全体は勝率10.2、連対率16.4

・・・でした。
アイムユアーズ自身はエルコンドルパサーがスタミナ色の高い血統構成ですし、それをニアリークロスで強化する形ですから、ファルブラヴの中では千八にも対応できる方だと思ってますよ。


数日間は仕事でドロンするので、当分音信不通になります~
ではでは

m(_ _)m
Secre

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

カテゴリ

最新コメント

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.アプルーヴァル
 8.ヴェルテアシャフト
 9.ミッキーワイルド
10.オールフォーラヴ

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.タガノエルフ
 9.デンセツノマジョ
10.

リンク