やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

ヘミングウェイはぶった斬らない!

・教科書に載せたい

ネオユニヴァースとアメリカ的スピードがもたらす効果は、コチラをご覧ください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-670.html

ヨーロッパ的な重さが目立つネオユニヴァースに対して、アメリカ的な軽快さを加えるというのは効果的です。
ヘミングウェイの場合は、母父が米スピードの代表格であるミスタープロスペクター系のマキャヴェリアン。
この血はヘイローも合わせて持っていますから、ヘイルトゥリーズンのクロスを更に発展させた、より軽快な走りを引き出す効果がありそうです。

このようにマキャヴェリアンは米血を多く持つ種牡馬です。
にも関わらず、自身や産駒の成績を見ると、ヨーロッパへの適性が高いというのも非常に重要なことだと思われます。

ヨーロッパ的な走りを大切にしつつも、アメリカ的なスピードで重厚さを中和したいネオユニヴァースにとっては、絶好の相手ということなのかもしれませんね。


ネオユニヴァース×マキャヴェリアンからヴィクトワールピサ、ロジユニヴァースを輩出した理由はわかっていただけたと思います。
ただしこの軽快なスピード要素というのは、それはあくまで補助要素に過ぎません。
ネオユニヴァースにとって大切なのは、やはりヨーロッパ的な走りなのです。


その点に関してもヘミングウェイは、祖母Wilayifの構成が素晴らしいんですよ(^^)。
Wilayifの父はフェアトライアルの機敏さを伝えるダンジグです。
これはネオユニヴァースの力強い機動力を強化するのに大切な血となりそう。
また、母父キィトゥザミントも良いですね。
これはリボーやフラワーボウル(ハイペリオン×サンインロー)など、欧スタミナの塊であり、望田潤さんをして「最強のスタミナ」と言わしめる血なのです。


結論としては、ヘミングウェイは米血豊富なマキャヴェリアンで軽快さを入れつつも、ネオユニヴァースに最も大切な欧血もしっかり増幅しているという、まさに教科書的な素晴らしい配合だと思います。

ロジユニヴァースの全弟トーセンパワフルが、フェアトライアル的で強靭な機動力を武器に走るのに対して、ヘミングウェイは米血の軽快さの機動力を武器に走るヴィクトワールピサ的な馬でしょう。

大舞台で直接対決が実現すればいいですね(^^)。
スポンサーサイト

*Comment

ネオユニ×ドクターデヴィアスは 

こんばんは!

いい事聞きました!

出資馬の中に母父ドクターデヴィアスのネオユニ産駒がいるのですが、

これはちょっと対象外ですね~~・・・・・・・

突然変異に期待してみます。
  • posted by ウインアルザスの出資者 
  • URL 
  • 2012.08/01 22:20分 
  • [Edit]

No title 

今、仕事先に泊まりこみ中なので、正確なことはわかりませんが、ネオユニ×ドクターデヴィアスって多分シルクの馬ですよね?

だとすれば、ドクターデヴィアスの「ハイペリオン×フェアトライアル」血脈は、ネオユニヴァースには相性抜群だと思いますし、ヘイロー≒レッドゴッドで柔さを強化しているというのも良いです。

僕はPOGの要チェック馬としてかなり注目してますよ。

違う馬だったらごめんなさい・・・。
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2012.08/01 22:44分 
  • [Edit]

No title 

お疲れ様です!
お忙しい中お返事ありがとうございます。

その通りでございます。
シルクのクラウディオスです。

血統表でハイぺリオンとフェアトライアルの名前を見つけられませんでしたが、好相性という事で嬉しく思います!

募集時DVDでは首の位置が低くて、伸び伸び歩く姿がいいな~と思い出資致しました!

これまでずっと順調に乗り込みが進められてきておりますので体も丈夫そうですよ!
  • posted by ウインアルザスとクラウディオスの出資者 
  • URL 
  • 2012.08/01 23:37分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.