09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

ボブキャットはぶった斬らない!

・理想の配合

ダノンシャークの弟ですが、配合的にはこちらの方が魅力的に見えますねえ(^^)


母父カーリアンは柔らかい斬れが持ち味。
色んな活躍馬を支えた血ですが、ダイワメジャーとも相性が良いのではないかなと睨んでます。

まずニジンスキーについて。
これは父がノーザンダンサーですから、ダイワメジャーの母スカーレットブーケが持っていたノーザンダンサー≒ラメニナを継続クロスするものです。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-699.html


そしてニジンスキーはブルページという血を母父に持っています。
これもダイワメジャーの配合で重要な意味を持っていた、ノーサードチャンス≒ビューマックスを継続するニアリークロスです。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-702.html


つまり、父ノーザンダンサー×母父ブルページのニジンスキーと、父ビューマックス×母ラメニナのコンセンティダは、血統的にかなり濃密に絡む関係であると言えます。

数々の名馬を排出した華麗なる牝系の血をしっかりと押さえた優良な組み合わせだと思います。


コンセンティダを押さえると言う点で、カーリアンは他にも優れた要素を持っています。
祖母リーガルグリームの父はヘイルトゥリーズン。
ノーサードチャンス≒ビューマックスに直接触れるものですから、十分効果的な血であると言えます。

ただこの血はダイワメジャー最大のポイントであった、ヘイルトゥリーズン≒コンセンティダというスピード面の仕掛けに関わってくるという、より重要な意味があるのです。

しかもリーガルグリームの場合はヘイローとニアリーな関係ですから、より効果的にスピードを補強出来ているんじゃないかなと期待出来そうです。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-701.html


ということで、父ダイワメジャー×母父カーリアンは中々有用な組み合わせだと思っていますが、母母Jabaliの部分も見所がちゃんとあります。

注目はミルリーフ。
この血とカーリアンの母フォアシアーの2頭は、ナスルーラ≒ロイヤルチャージャー、プリンスキロ、バイムレック=ビッグハリーなどのクロスが発生する濃密な関係です。
となるとカーラパワーというのは、この要素を強く伝えるのではないかなと思うんですよね。

ここで「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×プリンスキロ」血脈同士のクロスというのが非常に重要なポイント。
柔らかさを伝えるのに優れたこの血脈は、ダイワメジャーにとっても効果的なのです。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-703.html



ここまでを総合すると・・・

ダイワメジャー×カーラパワーという配合は、スカーレットインク一族の活力源をしっかりと増幅した配合である。

しかし、この一族は力強いパワー面が持ち味でもあるので、そこに負けないように柔らかい仕掛けもしっかりと施している。

それの全てがダイワメジャーの成功のパターンに合致している。



もうやるだけのことはやった感じですね。
ただ当たり前のことですが、産駒のデキまでは読めません(^_^;)

能力がちゃんと遺伝しているのか・・・配合を尽くして天命を待つと言ったところでしょう(笑)
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/08/26 | [] | Edit