やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

コディーノをぶった斬る!(ニューリマスター版)

キングカメハメハの成功パターンは「ラストタイクーンを増幅する」ということです。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-681.html


それを踏まえてコディーノの配合を見ると、「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈はおろか、ノーザンダンサーのクロスさえありません。
この配合論には全く合致しません(^_^;)。


ただし、配合自体のクオリティはそんなに悪くはないです。
理由は祖母のハッピートレイルズが「ハイペリオン×レディジュラー」血脈の濃い配合構成だから。
キングカメハメハにこの血をあわせるというのも、成功のパターンの1つなんですよね。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-682.html


コディーノの場合はフォルリのクロスと、テューダーミンストレル≒アバーナントのニアリークロスなので、この仕掛けを完全に押さえていると言えます。
他にもフラワーボウル≒オリオールのニアリークロスもありますから、ハイペリオン、サンインロー、レディジュラーの繋がりが非常に濃密な配合です。


このように、ラストタイクーンには触れず「ハイペリオン×レディジュラー」を大きく強化した配合なワケで、要するにルーラーシップやトゥザグローリーとかなり近いタイプじゃないかなと感じます。

このタイプでこれまでPOG期間内に重賞勝ちしたのはショウリュウムーンだけですから、配合的にはPOG向きの馬ではないのかも・・・(^_^;)。


ちなみにもう一つ微妙な不安要素があって、それがベターセルフが持つ「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」の組み合わせ。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-708.html


そもそもスピードにしたって「ハイペリオン×レディジュラー」的な強靭なパワーをベースにしたものですからねえ。
となるとダートとまでは言わないにせよ、多少パワーが勝っているのは否めません。


一応母父にサンデーサイレンスを挟むことで柔らかさを補強しているのは評価出来ます。
そこが有効に機能していればバランスも取れるでしょうから、早期からの活躍も可能・・・と、前向きに評価することも出来なくはないです。


ま~厩舎の使い方を考慮すれば、プラマイゼロな気もしますが・・・(笑)

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.