≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

言っときますけど、僕は全然馬券が当たりません(^_^;)
そこを念頭に置いた上で、みなさん読んでくださいね(笑)


配合が何よりも大好きな僕としては、重賞レースはやっぱり配合の良いと思った馬に勝って欲しいという願望があります。
この場合の好配合というのは、コースや馬場適性ではなく、個々の馬としての配合のクオリティの高さという意味です。

なので人気どころの3頭の配合を好みで優劣をつけるところから始めます。
3頭とも別記事で考察を書きましたので、詳細はそちらを見てください。
基本的にデビュー前に書いた記事を使っていますが、更に細かく書き加えたニューリマスター版となっています。
ただし、レース振りなどはほとんど考察に加味していませんのであしからず。


・トーセンパワフル
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-707.html

・ラウンドワールド
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-685.html

・コディーノ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-709.html


これを踏まえると、個人的にはトーセンパワフルの配合がダントツで抜けていると思っています。
更に、ネオユニヴァース的な特徴を大きく増幅した馬であり、フェアトライアル的でパワー溢れる機動力が最大の武器ですから、札幌2歳Sというレースに向いているタイプでもあると感じます。

となると、(3強から選ぶとするならば)優勝はこの馬しか考えられないワケで、1着はトーセンパワフルで固定していいという結論ですね。


残りの2頭の優劣を判断しないといけませんが、配合的には遥かにラウンドワールドの方が良いと思っています。

コディーノの配合はキンカメのラストタイクーンの斬れを何一つ増幅していないどころか、セックスアピールの「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」をクロスしちゃっているという「悪い意味での」お墨付き(^_^;)

その点ラウンドワールドはディープ×トニービンという超優良配合ですからね。

ただし(仮に僕の考えが正しいとするならば)ラウンドワールドのように、推進力を増幅するようなパワー血脈を補っていないディープ産駒最大の弱点は「エンジンの掛かりの遅さ」だと思うんですよ。

勝負どころで少しもたつくタイプになりやすいと思っていて、ラウンドワールドも前走コスモス賞では4コーナーでそういう面があったように見えました。

そうなるとフォルリやテューダーミンストレルなどの強靭なスピードを強化し、パワーで動いていけるコディーノの方がコース的に有利なのではないかなと思ったりもします。

ゴールドシップを完封したグランデッツァのように、もたつくラウンドワールドに対してコディーノの機動力がコーナワークの時点で勝負を決めてしまう可能性もあるかもしれません。


・・・という風に色々考えましたが結論は、トーセンパワフル>コディーノ>ラウンドワールドかなと思っています。

自分は配合が好きなのでトーセンパワフル優勝というスタンスは貫きたいですが、配合だけで競馬が決まるものではないので、2着以降も配合自体のクオリティに拘ってラウンド>コディーノとするのもどうかなという思いもありますからね。


願望としてはトーセン→ラウンド→コディーノであってほしいというのは言うまでもありませんよ(笑)
スポンサーサイト


このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>最初の非公開コメント様

キングマンボとキンカメはかなり違うと思ってます。
もちろん、キンカメがキングマンボの高い素質やミエスク(ハイペリオン×サンインロー)譲りの素晴らしい底力を受け継いでいるのは間違いありません。
ただ、キングマンボは基本的にパワー型のタイプですが、キンカメの柔らかい斬れはラストタイクーンから受継いだものなので、どちらかと言えば「キングマンボ」っぽくないタイプですね。
種牡馬として考えた場合も、ラストタイクーン増幅は成功していますが、ミスプロを増幅した方は悲惨な成績ですねえ(^_^;)

キングマンボっぽいのと言えば、ヌレイエフ≒サドラーズウェルズを持ってきたエルコンドルパサーの方が近いような気がします。

ラヴズオンリーミーは何気にディープの持つアルザオとストームキャットの間に、ノーザンダンサー、ナスキロ、ローマン≒チョップチョップなど、結構濃密に絡む組み合わせだったりします。
ストームキャットはニアリークロスで増幅すると途端に大活躍する傾向があるので、アルザオがニアリーとまでは言わないにせよ、可能性はあるかもとは思ってます。

今のところまだ活躍馬は出てませんけど、サンプルが13頭だけですし、ダメと決め付けるのは早いと思います。
僕の場合は、基本的にストームキャット嫌いですから、効果が見えるまでは「ナシ」というスタンスで行きますけどね(笑)
>2番目の非公開コメント様

はじめまして~。
ブログの記事、非常に細かいデータ分析で楽しく読ませていただきました(^^)

相互リンクの件、こちらこそ宜しくお願いいたします!
m(_ _)m

この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.