やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

今週の日記

今週の身内POGは、まず僕のメイショウアカフジが5着。
元々の能力はともかくとしても、調教なんかの様子を見てると体調が良さそうには思えません。

注目の札幌2歳Sは僕とヒデちゃんのダブル指名のトーセンパワフルが、すでに4コーナーで終わった感が出てました(´;ω;`)。
そんな中、おしづさんのラウンドワールドは2着。
長い直線のコースならコディーノとの差もまだまだわからないと思いますし、末永く楽しめそうで羨ましい・・・。

ヒデちゃんはマイナー枠でウインジョニーを指名しましたが、ヘンなレース振りで大敗しました。
ほとんど追わずに、しかも後ろを振り返ったりしてましたし、なんかあったのかな・・・。




ファルブラヴは牝馬しかダメという顕著な成績になっている中、トランスワープが重賞2勝目ですか~。
ただ、ファルブラヴ牡馬の賞金上位のトランスワープ、グローリーシーズの2頭は両方共セン馬というのも、ファルブラヴらしいと言えるんじゃないでしょうかね(^_^;)
ちなみにファルブラヴのセン馬って全部で5頭だけですので、かなりのアタリ率です。




小倉2歳Sを勝ったマイネルエテルネルは外国産馬だけに、配合がよくわかりませんでした・・・。

2着のクラウンレガーロの配合は明らかに良いとわかるもので、ロベルト系のグラスワンダーにとってはミスプロのスピードをブラマリー≒ゴールドディガーという形で取り込めるのはプラス。
コスモヘレノス、マイネルスケルツィ、フェリシアなどの重賞馬を輩出しています。
しかもミスプロ系といってもトムロルフのパワーもたっぷりなフォーティナイナーというのも良く、これによりグラスワンダーの特徴である力強さを損なわずにスピードを補強できていますね。

更にグラスワンダーはノーザンテーストと相性が良く、アーネストリー、スクリーンヒーロー、サクラメガワンダー、マイネルレーニアを出す組み合わせ。
理由としては、おそらくアリバイ≒レディアンジェラにより、ノーザンテーストのパワーを引き出すことにあると思います。

指名しようかスゲー迷ってたんだよな~・・・。
どの馬を指名して、どの馬を諦めるのか・・・指名枠が限られているだけに、良いと思った馬をホイホイ指名していくわけにはいかず・・・これがPOGの難しいところですね(当たり前の話だけど、笑)




指名に迷ってやめたといえば、今日の新馬を勝ったタガノエンブレムも良さげですね。
ウォーエンブレムは配合の受け口が広すぎます・・・。
僕としてはまったく答えが見えていないだけに指名を辞めました。

母はステイゴールドの全妹で、この一族はサンデー+プリンスリーギフトなどの柔さが強すぎる傾向にあるので、ガチガチのパワーを多く持ったウォーエンブレムとの相性は悪くないと思われます。




札幌2歳S関連の考察を色々とやってきましたが、それに対する「拍手」ボタンを合計10個以上クリックしていただきました。

みなさま、応援本当にありがとうございます!
それだけにコディーノをC評価にしてしまっているのがハズカシイ・・・。




食べ物をチビチビつまみながら何かを楽しむってことに憧れています。
例えば、つまみを食いながら酒を飲むとか、ポテチ食いながらスポーツ観戦とか、映画とポップコーンとかね。

でも僕は、このチビチビっていうのが全くできません・・・。
食べ始めたら手を止めることなく一気に食ってしまうんですよね(^_^;)

サッカー見てたら、もうスタメン発表~国歌斉唱の間にはポテチ食っちゃうし、映画なら予告映像の上映中にポップコーンなくなっちゃいます。
誰かコツを教えて(笑)




明日からおそらくガッツリと仕事になると思われるため、せっかくの中央開催スタートだっていうのに、情報をあまり入手できそうにないんですよね~。
来週デビューする有力馬とかいたら、ぜひ教えてください。
m(_ _)m
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.