≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

ディープ×フレンチデピュティという組み合わせは、マウントシャスタやエネアドなどを出しています。
この配合にどういう特徴があるのか、詳しく探ってみようと思います。


マウントシャスタの母のクロウキャニオンは、ミッターランドとフォアシアーという2本の「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈クロスを持っています。
正確に言えばフォアシアーは「ロイヤルチャージャー×プリンスキロ」ですけどねね。
ま~性質は似たようなもんなので、ここではまとめて「ナスルーラ×プリンスキロ」ということにしておきましょう(^_^;)

エネアドの母キューも同様にミッターランドとペロキサイドプリンセスの2本が「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈。
芝向きの柔らかい斬れはここからきているわけです。

ディープインパクトはサーゲイロードという「ロイヤルチャージャー×プリンスキロ」血脈がありますから、クロウキャニオンやキューの斬れ味の要素をしっかりと増幅しています。
これが成功の秘訣ということです。


もっと細かく言えば、マウントシャスタの場合はカーリアンやヴェイグリーノーブルという、ディープにとって抜群に相性が良い血を豊富に持っているので、これがもたらす効果はかなりのものだと推測できます。

またエネアドの母キューも、ただ単純に「ナスルーラ×プリンスキロ」2本というわけではなく、ミッターランド≒ペロキサイドプリンセス2×2というかなり強烈なニアリークロスになっていて、この要素を子供にも確実に伝えることが長所となっているんですよね。

ミッターランド≒ペロキサイドプリンセス


ここまで見て思ったのは、その他のオプションが素晴らしいな~ってことですね。
むしろディープインパクト×「フレンチデピュティっぽくない母」という組み合わせのようにも思ったりもします(^O^;)。


もちろんフレンチデピュティがダメといっているわけではありません。
ディープというのは軽さばかりが目立ちやすいですから、それに対してデピュティミニスター系のパワーで弱点を補うというのは悪いことではないからです。

しかし、デピュティミニスター~ヴァイスリージェントというラインは、どうしてもダート向きの資質も伝えてしまいがち。
パワーを補うにしても、多少なりともディープの武器である軽い斬れを削ってしまう心配があるんですよね。
プラスに働いているのは間違いないにせよ、少々褒め辛い部分もあるように感じています。


サンプルが少ないため、結論を出すことをしたくはありません。
ただ現状の活躍馬に限って言えば、ディープ×フレンチデピュティが良い配合だとは決めつけづらいというのが本音です。
ディープ×フレンチで活躍した馬は、活躍するだけの緻密な仕掛けが別の部分にちゃんと存在していますからね。


つまり結局は全体の構成を見ないことには何も判別できないという、当たり前の結論になるのでした(笑)
スポンサーサイト


このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンは仕事が終わった来週の半ばにちゃんと考察しますので、それまでお待ちください(^^)。

ちなみに今回の場合、おそらくボールドルーラーはマイナス要素じゃないかなと思っていますよ(^_^;)
>ディープッ仔大好きさん
はじめまして~(^^)
僕は実際の馬の走りを見て、何かを判断することは非常に苦手なので、あくまで配合だけを見た感想でお許しください。
m(_ _)m

まずディープ×ケイティーズファーストの配合なんですが、これはディープと好相性なテューダーミンストレルも持っていますし良いと思います。
また、ケイティーズファースト自身が持つRelance=Polic4×3にも注目していて、これはウォーレリックを絡めたクロスになります。
それで浮かんでくるのは、ディープと相性が良いインリアリティで、この血はウォーレリック3×3なんですよね。
それを考えたらRelance=Policのクロスもディープにとっては、重要なのかもしれないなと睨んでいます。
ケイティーズファーストの部分は非常に良さげですね。

後はフレンチデピュティがどうなのかってことなんですけど、この配合の場合はフレンチデピュティの素軽い要素をどうにかする工夫などは一切していません。
なので、それが良いか悪いかはともかくとして、少なくともマウントシャスタやエネアドのように、活躍する母父フレンチデピュティの配合とは全く違ってはいます。

ただ、ディープの弱点である芯の弱さはしっかりと補っているため、上のクラスでも普通に勝負になる配合だとは思いますよ。
パワー(というか重さ)が強い構成なので、重賞レベルになるとキレ負けしないかなという不安は少しあります。
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.