≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

アグネスタキオンはリファールを持つ繁殖牝馬から活躍馬を多く輩出しています。
理由に関してはリファールが「ハイペリオン×フェアトライアル」で構成されているということが大きいです。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-727.html


アグネスタキオンの力の根源である、アグネスレディーのリマンド×テューダーミンストレルを抑えること好結果に繋がっているというワケです。
ちなみに、リファールに対する自分なりの考えについては別記事にて書きましたので、まずはそちらを見ておいてもらえると助かります。

http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-722.html


基本的にリファールはスピードの持続力が特徴であり、粘りが持ち味の血です。
したがって、強靭な脚力を増幅するという力には少し乏しいため、あまり斬れるような産駒は期待できません(もちろんその他の全体構成次第なのは言うまでもありませんが)。

ただし、その分上質のスピードを長く使えるようになることがリファール最大の武器となります。
相性の良い組み合わせだということは間違いありませんよ。


では具体的な参考資料のサンプルとして、全体の連対率と誕生した重賞馬の一覧を書いておきます。
(9月14日調べ)

・リファールなし(745頭)
芝 20.0 ダ 18.5

・リファールあり(93頭)
芝 22.5 ダ 25.6


重賞馬はキャプテントゥーレ、リトルアマポーラ、ブロードストリート、リディル、オメガハートランドの5頭です。
また、重賞馬ではありませんが天皇賞秋で2着となったアグネスアークも該当していますね。

リファール持ちの頭数を考えたら、重賞馬を輩出する確率はかなり優秀です。
もちろんアグネスタキオンの好相性の血はリファールだけではありませんが、少なくとも闇雲に選ぶよりは優秀な産駒を見抜きやすいのは確かですね。

ぜひ覚えておきたい組み合わせだと思います(^^)。
スポンサーサイト


このコメントは管理人のみ閲覧できます
野路菊は配合が一番好きな◎タガノエンブレムを応援します(^^)。

とりあえず余程動きが悪くなければ、来週マジェスティハーツを指名しようと思ってますよ。
なんだかサムソンとかクリスエスとか、そんでもって(こういっちゃ失礼ですが)ユニオンの馬とか・・・なんか大分冒険してるなって気はしますけど(^_^;)

せっかくなので馬のリクエストの続きを

・シルヴァースカヤ
ロベルト系のズブさに加えて、「ハイペリオン×フェアトライアル」を持たないので、中距離をダラダラと走るタイプになりそうですね。

・アドマイヤキラメキ
「ハイペリオン×フェアトライアル」がないですけど、インリアリティ持ちなので活躍馬の条件を満たしています。
個人的にはノーザンテーストのハイペリオンをより効かせた方が好きなので、トーセンホマレボシやヒストリカルと違って、母父に軽いエンドスウィープを挟んで母方でミスプロのクロスを作ったのはマイナスだと思っています。
ただし、良い配合なのは確かですから、積極的に狙っていい馬だと思いますよ。

・マジックストーム
母がストームキャット×ミスプロですからアメリカ的な単調さがありそうです。
今後ディープとストームキャットがニックス!なんてことにならない限り、特に褒める点がどこにもなく、非常にキャラの薄い配合だなって思います。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.