やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

シャイニングカラー考察

今週デビューで面白そうな馬の考察をします。


・シャイニングカラー

父ネオユニバース×母系にMachiavellianが入る配合は、ロジユニヴァースやヴィクトワールピサと同じです。
シャイニングカラー自体も、入厩してからの評判が高そうですね。
調教でも併走馬を追走して、豪快に先着しています。

この配合でまた当たりを狙えるかどうか、楽しみな馬でもあります。

気になる点を挙げるならば
社台系の生産じゃないことですかね。
ネオの成功パターンってほとんどが社台グループ生産ですから。
上で挙げたロジユニヴァースやヴィクトワールピサは血統もしっかりとしていました。
その点シャイニングカラーは兄弟にダートで4勝を挙げたシャイニングアワーはいますが、決して良血ではありません。

馬主、厩舎ともに大舞台のイメージはありませんから、ネット系のPOGで指名する価値があるかどうか悩みますね。
でも元々ネオユニヴァースなんて、そもそもホームランか三振かですからね。
こういう博打性のある指名に勝負するのも面白いかもしれませんよ。


・現状評価(▲)
オープンクラスあたりまで出世するかもしれませんが、
「ほら、この配合って相性いいでしょ?」的なサンプル馬で止まるような気がします。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.