≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

リディル、クラレントという活躍馬を兄に持つ馬だけに、今さら考察も何もないんですけどね(笑)

アグネスタキオンの配合にとって重要なのは、相手牝馬に「ハイペリオン×フェアトライアル」血脈を持つことです。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-727.html


レッドアリオンの母エリモピクシーはリファールを持つので、しっかりと基本は押さえています。
しかもリファールとアグネスタキオンは相性の良い関係ですので、なおさら期待できるとワケ。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-729.html


さて、上の考察の中でリファールはキレよりも持続力に長けたタイプだと書きました。
しかし、全兄のリディルは鋭い斬れ味も持ち合わせていたんですよね。
理由は母の血統構成に大きな要因があります。

それはエリモピクシーの持つドローン≒デプスというニアリークロス。
これはロイヤルチャージャー≒ナスルーラ、プリンスキロ、トムフールをクロスさせるものですから、「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかさとトムフールの素軽さを大いに引き出す配合なのです。

レッドアリオンの場合は父がアグネスタキオンですから、更にヘイロー≒ドローン≒デプスと繋ぐことで、より強固に引き出す効果が期待できるということですね。


それにしても、このエリモピクシーという母は本当に素晴らしい。

父はヨーロッパ最強とも言われるダンシングブレーヴ

テスコボーイのプリンスリーギフト的スピード

ヴェイグリーノーブルの「ハイペリオン×サンインロー×ドナテッロ」的スタミナ

バックパサーの「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ的」パワー

・・・という世界各国、各ジャンルにおける最上級の血を代々重ねているんですよ。
もうあとは日本が誇るサンデーサイレンスをつけて、ヘイロー≒ドローン≒デプスでパーフェクトに締めてくださいと言わんばかりで、こんな惚れ惚れするお母さんはいません。


アグネスタキオンの配合から言えば「秘訣はリファール」というのが模範解答となるでしょう。
ただし他の血脈全てが揃ったからこそ、パーフェクトな配合だったということなんです。

こういう母系の素晴らしい長所を素直に引き出すことが出来るのは、アグネスタキオンならではの武器ですね(^^)。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.