≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

メジャーグループ+マイナーグループの合計でポイントを競っている身内POG。
旧UMAJINの通常モード+地獄モードだと思ってもらえると、わかりやすいと思います。
ただし外国馬はUMAJINとは違いマイナーOKというルールで。
メジャーグループのみ他人との被り指名は禁止にしてます(おしづさんはPOG初参加なのでメジャー枠でも被りOK)


土曜はおしづさん指名のネオウィズダムがしっかりと勝ち上がり。
今期POGの目玉と言える馬だけに、すんなり勝ち上がってこられるとコワイですよね。
これでおしづさんは僕を抜いて首位に立ちました。

僕も負けていられないですから、明日中の逆転を目論みマジェスティハーツを指名することにしました。
POGだとどうしても社台系の大物が主体となってしまうので、そんな中でユニオンの馬を指名するのはちょっと不安もあったりします(^_^;)

でもそういうところから結果を出せれば、僕の人気も上がること請け合いでしょ(ノ´∀`*)
メイショウアカフジ、ウインアルザスはちょっとやらかしちゃった感がありますが・・・(^_^;)
でもボブキャットでようやくメジャー枠初勝利を挙げましたので、今週も勝って連勝といきましょう!

・・・にしても僕の指名馬を見ると、あんまし「メジャー」グループって感じがしないよね(^o^;
トーセンパワフル、ティーハーフとかのマイナー枠馬の方がよっぽどメジャーっぽいし(笑)




新馬戦で配合が気になった馬ですが、せっかくなのでマジェスティハーツを獲った理由を説明しておきます。

ハーツクライはコテコテのアメリカ血統と抜群の相性を誇ります。
理由は色々とあると思いますが、まずハーツ自身がトニービン×リファールというヨーロッパ色がかなり濃いので、米血を取り込むことで血に活力が生まれるということ。

そしてハーツの欧血はどちらかと言うとゆったりと斬れる持続力タイプのもので、その緩慢さにピリッとした脚力を与えるためにも、単純なスピードで突っ走るという米血独特の性質がマッチするのではないかなと思います。

更に米血のもう一つの特長が仕上がりの早さ。
ハーツクライは古馬になって本格化した馬ですので、POG向きという点でみたら意図的に外部から完成度を早めてあげたほうが良いワケで、そういう意味でも米血はちょうどいいのです。

マジェスティハーツの父ボストンハーバーはコテコテの米血で、自身は最優秀2歳馬に輝いたように仕上がりの早さには定評があります。
特にボストンハーバーの祖父シアトルスルーはハーツクライと素晴らしい相性を誇ります。

これは単純に米血というだけでなく、Bold Reasoningが持つNothirdchance≒Alablueが、ハーツクライの米血的な核であるNothirdchance≒Revokedを大きく増幅してくれるのです。
更に、My CharmerにはStriking=Busherという全姉妹クロスがあり、これもハーツクライの持つ米血Busandaとニアリークロスの関係なのです。

つまりハーツクライがひっそりと内包する米血をフルに活用する組み合わせであることが、成功の要因なんだと思われます。

ハーツクライ×シアトルスルーはデビューした13頭の中から、ダイワズーム(OP勝)、アドマイヤラクティ(4勝)、トウシンイーグル(3勝)、カレンミロティック(3勝)、コウエイオトメ(3勝)など、非常に優秀な成績で、明日の神戸新聞杯に出走するカポーティスターもこのパターンです。

マジェスティハーツの話に戻りますが、母母父はアメリカで大繁栄を遂げた偉大な種牡馬ストームキャット。
これもコテコテの米血なので、それだけで十分説得力はありますが、密かなポイントはストームバードが持つBull Pageという血。
先ほど挙げたハーツクライの核であるNothirdchance≒Revokedを継続強化する血なんですよね。

ちなみにハーツ×ストームバードは11頭中、ウインバリアシオン、ステラロッサの2頭を輩出しています。

まあそういったことで、どこのどの部分が機能したとしてもハーツクライにとっては効果的ですから、一発大仕事を期待したくなる馬だな~と思いますよ(^^)。
スポンサーサイト


このコメントは管理人のみ閲覧できます
どうもありがとうございます~(^^)。
メンバーには恵まれていたのは確かですが、まず1つ勝ててホッとしました。
まだ馬体も太かったようですし、今後の伸びしろに期待したいと思います。

活躍してくれさえすればマイラーでもいいんですけど、やっぱりハーツだったら中距離タイプの方がより大物っぽく育ってくれそうですよね。
まあそこら辺のことは、もう1つ勝ってから具体的な夢を見たいと思います(^^)。

非常に気分がいいので、リクエストに答えておきますね(^^)。
・・・というか、来週はちょっと忙しいので今のうちにやっておかないと(笑)

ソルティビッドに関してですが、クロフネの兄はデピュティミニスターのクロスなんで、ダート馬に出ないとおかしいです(^_^;)
キンカメに戻った今回は芝で期待できるのは間違いありません。
ただし、ソルティビッドという馬は父ソルトレイクが2歳G1勝ちで、しかも短距離で活躍した馬ということで、ソルティビッド自身の現役時代の成績は至極当然のものなんですよね。

となると子供は早熟マイラーっていうのが基本だと思うんですけど(ラストタイクーンを増幅してもいますし)、そこからなぜ牝馬5冠が産まれたのか・・・正直言ってサッパリわかりません(^_^;)
キンカメ(ミエスク)のハイインロー的成長力は偉大だった・・・くらいしか説明出来ないんですよね。


となると、全弟だからと言ってクラシック向きの底力ある馬という答えにはしづらいのは確かです。
アパパネの活躍を見た上で、配合的な後付けしようと思っても僕にはイマイチ答えは出ていませんね・・・。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
サトノに関しては好馬体のお墨付きを得ていますから、できれば僕も指名したいです(^^)。
ドラフトで指名権利を誰も持ってないので、被りジャンケンにならないことを祈ってます(笑)

マウントシャスタはディープ×ヴェイグリーノーブルの持続力を基礎としているので、もっとハッキリとした推進力系のパワースピードがある方がいいんですかねえ。
わかりやすいところではフォルリとかテューダーミンストレルとか・・・でもこれだともうフレンチデピュティ関係ない配合ですよね(笑)

匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_^;)ありがとう。。。
ありゃ、僕の知り合いでしょうか。
ありがとうってことは、血統話が参考になったようでなりよりです(^^)

でもあんまり色んなブログに出没して同じコメントばかり書きまくらないほうが良いですよ。
僕もルイヴィトンバッグなんか興味ないです。

この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.