やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

キズナをぶった斬る!

ディープインパクトにとって相性の良い組み合わせで挙げられるのは、テューダーミンストレル、フォルリ、リファール、トニービン、インリアリティの5つ。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-738.html


この内インリアリティ以外の4つに共通するのが「ハイペリオン×レディジュラー」血脈だということです。

インリアリティのような特殊パターンの場合は、具体的な活躍馬と照らしあわせて答えを探っていかなくてはいけませんが、一般的な配合論で言ったらディープは「ハイペリオン×レディジュラー」血脈や「ハイペリオン×フェアトライアル」血脈を持つ母馬との子供を狙うというのがセオリーでしょう。


その点キズナは、母キャットクイルがハイペリオンを2本持つだけで、レディジュラーにいたっては全くありません。
ですから僕の配合論のどこにも属していない馬なんですよ(^_^;)

となると、両親のポテンシャルに期待する!・・・ということになりますが、それだともう配合関係ないですよね(笑)


ただし、ちょっと気になっている要素があって、それは母父のストームキャットという存在。

この血って産駒への遺伝力が物凄く強いワリに、日本への適正は全くと言っていいほどありません・・・(;´Д`)
しかし、ある特定の種牡馬とだけは異常な好相性を誇るという特徴があります。

例えばキンカメやスペシャルウィーク、ダイワメジャー、タイキシャトルなどが挙げられますが、これはズバリ「ストームキャット≒◯◯」のニアリークロスで増幅しているということ(キンカメならばラストタイクーン≒ストームキャットみたいな感じ)。

また、ニアリークロスではないですが、ブライアンズタイムやマンハッタンカフェとも不思議と相性が良いです。
キズナの姉にあたるファレノプシスは、父がブライアンズタイムなのでまさにこのパターン。
そして、そのファレノプシスの子供ラナンキュラスも父スペシャルウィークですから、マルゼンスキー≒ストームキャットのニアリークロスがキーポイントとなっていた馬でした。


それを踏まえて考えると、ディープインパクトとストームキャットはどうなの?っていうのが気になるところです。

この組み合わせの場合、アルザオとストームキャットの間でノーザンダンサー、サーゲイロード≒セクレタリアト、ローマン≒チョップチョップ、メノウ≒アテニアなど、共通する点が多いんですよね。

もしこれが効果的なのであれば、ひょっとしたらキズナは大物かもしれません。

ただこれに関しては、実際に活躍馬を輩出してくれないことには答えが出せないですねえ(^_^;)
プラスならばストームキャットの特別補正により絶大な効果が期待でき、マイナスならばストームキャットの日本適正の無さが仇となってしまうでしょう。

具体的なデータを見ると、ディープ×ストームキャットは13頭います。
まだ目立った活躍馬はいませんが、連対率は30%を超えていて悪い成績ではありません。


ストームキャットの一発に賭けてみるのもアリかもしれませんよ(^^)
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/06 20:16分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

ブラックタイドってディープの全兄ですけど、テイエムイナズマの配合はディープの成功配合とは違うんですよね~。
不思議なもんです(笑)

とりあえず1頭だけリクエストにお答えしておきます~(^^)


ソニンクはミスプロとヘイローのスピードをメインに据えつつ、ヌレイエフ(フォルリ)の「ハイペリオン×フェアトライアル」的推進力をしっかりと固めています。
また、LuckhurstがネオユニのSoft Angelsに「ドナテロ+フェアトライアル」で絡むのもバッチリ。
パーフェクトな配合じゃないですかねえ。
  • posted by 栗頭先生 
  • URL 
  • 2012.10/08 23:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.