09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

ミライエをぶった斬る!

叔父にトーセンホマレボシがいます。
また、そのホマレボシと同血の従兄弟がヒストリカルですから、なかなか期待出来る配合だと言えそうです。

ホマレボシとヒストリカルの配合的なポイントはインリアリティを持っているということ。

詳しくはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-671.html

当然、ミライエもインリアリティ持ちですから、結論から言えば成功のパターンです。
にも関わらず、僕がタイトルで「ぶった斬る!」を使ったのには訳があるんですよね。
いや、正直言うとぶった斬るにするか、ぶった斬らないにするか今でも迷ってはいます。

僕が迷っているのは、ホマレボシ、ヒストリカルの2頭と違う点・・・エンドスウィープを挟んだということなんですよ。

ディープは基本的にガチガチにパワーを詰め込んでも良いくらいだと思っています。
その点、トーセンホマレボシの母エヴリウィスパーは、ハイペリオン3×4の重厚さと、レディアンジェラ2×3の強靭さを併せ持ったノーザンテーストや、ディープと好相性である硬質な血統のインリアリティを持つなど、非常にパワーも豊富な構成をしています。
これがディープにとっては重要であって、ミライエの場合はエヴリウィスパーの血がホマレボシより1代後ろに下がってしまうことで、当然影響力が薄まってしまうのは間違いありません。

そして、間に挟んだエンドスウィープというのがまた難解にさせます。
この血はミスプロ系の軽いスピードが持ち味ですから、薄まってしまったエヴリウィスパーのパワーを埋める代わりとなるかは非常に微妙なんですよね。
しかもクラフティワイフは元々ミスプロを持ってますので、エンドスウィープを配するということは、母アドマイヤキラメキがミスプロ3×4のクロスになってしまうということで・・・。
これによってミスプロ的な軽快さを強調してしまっているのは間違いなく、ディープにとって重要なのはそこじゃないんだよな~と思わずにはいられません。


ただ、多少バランスが崩れていたとしても、基本的に好配合だという認識には変わりありません。
例えばヴィルシーナなんかは少しヘイロー的なスピードが強すぎていると思っていましたが、実際あの活躍ですから。
配合だけであまり決めつけすぎるのもいけませんよね~(^_^;)

さてどうしたものか・・・。
調教でも見つつ、その雰囲気によって都合の良い風に解釈をするってのはダメかな(笑)
スポンサーサイト

Comment