≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

仕事が終わってから、ひたすら血統表を眺めてシンボリクリスエスの研究をしていました。


シンボリクリスエスはミスプロと相性が良く、ストロングリターンやサンカルロなど、多くの活躍馬を輩出しています。
これは今までロベルト×ミスプロによる、ブラマリー≒ゴールドディガーのニアリークロスが原因だと思っていましたが、おそらくそれは間違いでしたね。

もちろんそれによる影響もあるのでしょうが、一番の原因はもっと単純にボールドネシアン≒ミスタープロスペクターだと思うんですよ(^_^;)。
ミスプロのスピードを伝えるというテーマで考えると、これの方がよりダイレクトですし。

それに、そう考えたのにはもう1つ理由がありまして・・・。
他にシアトルスルー持ちの種牡馬って考えた時に、ファルブラヴとミスプロの相性ってどうなんだろうって思ったので、調べてみることに・・・。

ファルブラヴ×ミスプロ
あり…芝 19.0 ダ 16.4
なし…芝 16.0 ダ 9.2

アイムユアーズ、エーシンヴァーゴウ、スマートシルエット、ビーチアイドルなどの活躍馬を輩出する相性の良い配合だということが判明。

これにより確信しました、シアトルスルーとミスプロは相性が良く、その要因はボールドネシアン≒ミスタープロスペクターなのです。


なるほど・・・今まで理由がわからなかったマンハッタンカフェとミスプロが好相性の要因は、ボールドネシアン≒ミスプロだったのか~。

血統って不思議なもんで、わからないときは全然わからないんですけど、何か一つきっかけがあるだけで、いきなり閃いたりします。
このニアリークロスなんて、ちょっと調べたらすぐに気づきそうなもんなんですけどね~(^_^;)



もう1つ気づいたことがあって、シアトルスルーとノーザンテーストは相性が良いっぽいです。

シンボリクリスエス×ノーザンテーストにはアルフレードやアリゼオが、ファルブラヴ×ノーザンテーストはアイムユアーズ、トランスワープ、マコトナワラタナがいます。

これの詳しい要因は(現段階では)わかっていませんが、おそらくノーザンテーストがナスルーラ的な血と相性が良いということにあるような気がしています。
ノーザンテーストと好相性の血で有名な、トニービン(ナスルーラ=Rivaz4×5×5)、サクラユタカオー(ナスルーラ3×4)などは、ナスルーラ的な影響力が強いですから。

そう考えると、ナスルーラ≒ロイヤルチャージャー4×4×5のシアトルスルーが合っていても不思議ではありません。



以上、気づいたことをざっとメモ代わりにまとめてみました。
仕事が休みのときはずーっと血統の研究をしてますが、ほとんどが何も得ることがなく終わってしまい、また次の可能性を探る・・・の繰り返しだけに、今回は上出来すぎる結果でビビってます(^O^;)

これがあるから血統オタクはやめられませんね~。
いやまあ普段調べてる時から十分に楽しいので、どっちにしろやめませんが(笑)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.