≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

メジャーグループ+マイナーグループの合計でポイントを競っている身内POG。
旧UMAJINの通常モード+地獄モードだと思ってもらえると、わかりやすいと思います。
ただし外国馬はUMAJINとは違いマイナーOKというルールで。
メジャーグループのみ他人との被り指名は禁止にしてます(おしづさんはPOG初参加なのでメジャー枠でも被りOK)


ぶっ壊れてしまい修理に出していたデスクトップパソコンが帰ってきました。
血統を調べるにしても、ブログを更新するにしても、やっぱりノートパソコンより格段にやりやすいです。
ただOSも再インストールして、真っさらな状態になってしまいましたので、色々と設定していくのが面倒くさいですね(^_^;)
一番困るのがいちいちログインIDとかパスワードを入力し直さなきゃいけないんだよなあ。


さて身内POGの方では、僕のマークスマンがまさかの勝利(笑)
いや~こんなこと言っちゃあアレですが、全く期待してなかったですよ。
道中も流れについていけないような雰囲気だったし、直線突っ込んできてるのがマークスマンだって、自分で気づいてなかったです(笑)

メンバーが酷かったし、展開もかなり味方をしました。
でも、まさかの1勝で全然構いません(^^)
マイナー枠なんで多くは望みませんから。

今期マイナー枠は今のところ7頭指名して、勝ち上がっていないのはヘミングウェイだけなので、なかなか頑張ってくれてると思います。
ヘミングウェイも次こそは!と思いつつクラヴェジーナのような展開に・・・ってならないことを願ってるよ(^_^;)

ここまで指名馬が一度も新馬勝ちをしたことがないおしづさん。
今日のロングシャドウも安定の2着でした(^o^;

タイダルベイスン強かったですね~。
テューダーミンストレルのクロス持ちなので、一応アグネスタキオンの成功パターンには入ります。
レディジュラー的な脚力がテューダーミンストレル頼みという薄っぺらさだったので、成功型の中ではかなり低めの評価をしていました。
ヘイロー≒レッドゴッド≒サーアイヴァー的な軽さが強く、これがフワフワした走りに繋がるかな~と思っていたものの、予想よりずっとキレとなって伝わっているんでしょうかねえ。


りんどう賞の方は、配合でぶった切った身として、今回はどんな走り方をするのか注目していたスイートメドゥーサがとんでもないことに・・・。
勝ったクロフネサプライズはクロフネ牝馬+トニービンという鉄板のニックスです(^^)。


明日の身内どころでは、ゲバルトさんが大きく動きました。
京都の新馬戦に出走する馬で、ブロードソードをメジャー枠で、タニノタキシードをマイナー枠で指名します。
タニノタキシードはマイナー枠の数少ない大物候補。
マイナー枠は被りOKルールなので、日付が変わるギリギリで他のメンバーからの追っかけ指名があるかもしれませんね。

他では未勝利のおしづさんのエーシンマックスが出走。
新馬戦の3着は、ま~おしづさんの指名だけに初戦勝てないジンクスがありましたし仕方がない(笑)




新潟の牝馬限定戦で気になるのはエシェロアスールですね。
カーリアン≒ストームキャットのニアリークロス持ちで、僕はこの仕掛がたまらなく好きです(笑)

他だとビーナストリックがパウンドフーリッシュ≒ボールドイグザンプルで、キングヘイローの成功パターンかなと。

東京の新馬戦は特に見当たらないのでパス(^_^;)

京都1400mはハドソンシチーに注目。
マンハッタンカフェ×フォーティナイナーはボールドネシアン≒ミスプロ(←最近学んだ)と、トムロルフのクロス。
アメリカ的なスピードと、トムロルフの重厚なパワーが同時に増幅出来るオススメの組み合わせです。
基本的にマンカフェはカーリアンかストームキャットがないと牝馬がてんでダメ。
なので牡馬だけを対象にマンカフェ×フォーティナイナーを調べてみると、全部で9頭いて、ゲシュタルト、キッズアプローズ、ラヴィアンクレールが出ていますので、相性は良いと思いますよ(ダート寄りですが、笑)。
ハドソンシチーの場合は、他にもマンカフェと好相性なニジンスキーも持ってますから、中々良さ気じゃないですかねえ。

注目の2000mの方はいい馬が目白押しですよ。
アルフレード、アリゼオと同じ、シンボリクリスエス+サンデー+ノーザンテーストのテーオークリスエス。
トライマイベスト≒ニジンスキーと「ナスルーラ×プリンスキロ」をクロスしたトーセンモンステラ。

もちろんウオッカ全弟のタニノタキシードだって、タニノギムレットに「ナスルーラ×プリンスキロ」のキレと「ハイペリオン×サンインロー」のスタミナを補強し、ローマン6・6×6のパワーで締める好配合です。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.