≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

シンボリクリスエスは「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈との相性が良いです。
これはシンボリクリスエス自身が、クリスエス×シアトルスルーで構成され、「ナスルーラ×プリンスキロ」的な影響力が強いからだと考えています。

その点から見たら、エピファネイアの母シーザリオはサーゲイロードを持っていますので、問題ないように思えます。
しかし、シンボリクリスエスの活躍馬の母を見てみると、ほとんどの場合が「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈を複数抱えているんですよね。
これはクリスエスやシアトルスルーの「ナスルーラ×プリンスキロ」がスピード要素には乏しいということに理由があると思われます。
これはハッキリ言って弱点となり得ますので、ここを解消するために、母から「ナスルーラ×プリンスキロ」を大きく補ってあげなくてはならないというワケ。

そうなってくると、シーザリオは「ナスルーラ×プリンスキロ」を1つしか持ちません。
いや、当然持っていることは確実にプラスなんですけど、非常に惜しい!ってことです(^_^;)


また、サンデーサイレンスとの相性についてですが、シンボリクリスエス×サンデーはヘイロー≒ボールドネシアンなので、素軽いスピードの強化を期待できそうです。
ただし、ここまでサンデーを持ちつシンボリクリスエスの現状を見ていると、思ったよりは効果が見られないかなって感じなくもないです。
特にエピファネイアの場合は母父スペシャルウィークって思うと、なんだかより微妙な気もします・・・(^_^;)
この要素に関しても、あってマイナスってことはないにせよ、褒める理由としての決定打にはなりずらいかなと。


最後に、シンボリクリスエスはボールドリーズンと相性が良好です。
これはシンボリクリスエスの母が持っていたグラマー≒フランシスエスのニアリークロスに対して、更に≒ボールドリーズンとして継続するのがポイントでしょう。
この組み合わせからは重賞馬こそいませんが、ソーマジック、ダームドゥラック、ブルーミングアレーなどの活躍馬が出ています。
・・・なぜかみんな牝馬なんですよね(笑)
これは偶然なのかもしれませんが、統計データを見ると、なんだか不安になってくるような・・・(^_^;)



以上をまとめると、

・「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈を持っているけど、強化具合が足りない。
・サンデーはあるけど、劇的な効果は望めず、しかもスペシャルウィーク経由。
・ボールドリーズン持ちだけど、ここまで牡馬の活躍馬なし


ネガティブに捉えれば、資質はあるのに全てが中途半端・・・。
ただポジティブに捉えれば、効果的な血が多く、合わせ技一本で好配合とも取れます。

父シンボリクリスエスだし・・・って思ったら、間違いなくネガティブ寄りに考えたくなります。
母シーザリオじゃん・・・って思ったら、ポジティブに捉えても良いですよね。


・・・・・・う~ん(_ _;)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.