やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

バリローチェをぶった斬る!(デジタルリマスター版)

ディープインパクトというのは、ヘイロー≒サーアイヴァーの軽さや、リファールの「ハイペリオン×コートマーシャル」的持続力を確実に伝える優良種牡馬です。
しかし肝心のパワーが不足しているため、一般的にフワフワ、ジリジリという決め手不足となる恐れがあります。

そこでテューダーミンストレルやフォルリ、インリアリティなどのパワー系のスピード血脈を母から補給することで、弱点を解消することが成功のパターンなワケです。


バリローチェの母ポトリザリスは、自身が輩出した産駒を見てもわかるように、スタミナの資質には非常に優れています。
しかし、ディープにとって必要である上記のようなスピード血脈を持ちません。

ですから、どうしても決め手に欠けるため、牝系の豊富なスタミナとリファールの粘りを活かして長距離で活路を見出すことになる・・・これが全兄イグアスの特徴なんです。


となると兄と同血のバリローチェにも同じことが当然言えるワケで・・・。
牝馬に出た分、適性は少し変わってくる可能性はありますが、決め手が劇的にアップするとも思えないんですよね。


牝馬はやはりスピード面の武器は必要不可欠だと感じますので、個人的には様子見かなと・・・(^_^;)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【バリローチェをぶった】

ディープインパクトというのは、ヘイロー≒サーアイヴァーの軽さや、リファールの「ハイペリオン×コート

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.