09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

身内POGの近況

メジャーグループ+マイナーグループの合計でポイントを競っている身内POG。
旧UMAJINの通常モード+地獄モードだと思ってもらえると、わかりやすいと思います。
ただし外国馬はUMAJINとは違いマイナーOKというルールで。
メジャーグループのみ他人との被り指名は禁止にしてます(おしづさんはPOG初参加なのでメジャー枠でも被りOK)


さて10月の競馬も終わりました。
身内POGの状況をここらでまとめておきたいと思います。



1位 栗頭
10270P


・ティーハーフ(1勝)
・トーセンパワフル(1勝)
・マジェスティハーツ(1勝)
・アカノジュウロク(1勝)
・ボブキャット(1勝)
・ダービーフィズ(1勝)
・エピファネイア(1勝)
・レッドレイヴン(1勝)
・トロワボヌール(1勝)
・マークスマン(1勝)
・ヘミングウェイ
・ウインアルザス
・メイショウアカフジ


ここまで指名した馬はメジャー枠+マイナー枠で合計13頭と、仲間内の中でも最も多いです。
10頭が勝ちあがっていて、みんな堅実に頑張ってくれているのが何よりです。
ただやっぱり2勝目が難しいですね~・・・。
そろそろエース格の存在が出てくれないと、コツコツだけでは限界がありますよ(^_^;)。




2位おしづさん
8190P


・ラウンドワールド(コスモス賞勝ち)
・タイセイドリーム(1勝)
・ネオウィズダム(1勝)
・ボブキャット(1勝)
・フェートグランド
・エーシンマックス
・キュールエアリス
・ロングシャドウ
・サトノユニコーン
・ヒルノドンカルロ
・ジンジャーミスト
・ボーラキアーラ


POG初挑戦のおしづさんが2位に付けています。
勝ちあがりこそ少ないですが、既にクラシック路線当確のラウンドワールドを指名できているのはデカイ。




・3位 ゲバルトさん
5420P



・サトノノブレス(1勝)
・スクワドロン(1勝)
・マンボネフュー(1勝)
・キズナ(1勝)
・ラトーナ(1勝)
・ヘミングウェイ
・タニノタキシード
・ライジングゴールド
・サトノプレシャス
・ウイニングスター
・ベルウッドテラス
・ブロードソード


ゲバルトさんは少し遅れを取ってしまっている状況ですね。
ただサトノノブレスやキズナなど、エースと成りうる存在をしっかりと持っています、
これからの逆襲が怖い存在です。




4位 ヒデちゃん
4260P


・トーセンパワフル(1勝)
・リジェネレーション(1勝)
・ドラゴンレジェンド(1勝)
・ヘミングウェイ
・アドマイヤドバイ
・ベアトリッツ
・ダンスフェイム
・ウインジョニー
・グローバルハート


最下位に苦しむのは前年度の覇者であるヒデちゃん(^_^;)
他のメンバーに比べて、圧倒的に指名数が少ないです。
ということは、これからの新規指名によって大攻勢となるのは間違いないでしょう。
ただ、マイナー枠の指名数がまだ4頭で、あと6頭も指名候補を探す方が大変そう(笑)




しっかし、今年って牝馬候補がいまいちピンと来ません。

身内どころで見ても、勝ち上がっている牝馬は、僕のトロワボヌール&アカノジュウロクのバゴ産駒2頭と、ゲバルトさん指名で年内出走は無理そうなラトーナのみという、なんとも頼りない状況なんですよ(^_^;)。


既にデビューしている牝馬に大物がいたとしても、それが全部重賞をかっさらっていくとも思えませんし、まだアタリは残ってると思うんですけどね~。
阪神JFはもう厳しいですが、桜花賞~オークスならばまだ十分間に合いますし、なんとしてでもアタリを狙いたいところです。

スポンサーサイト

Tracback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【身内POGの近況】

メジャーグループ+マイナーグループの合計でポイントを競っている身内POG。旧UMAJINの通常モード+地獄モ ...

Comment