やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

ノーブルコロネットはぶった斬らない?

ドラフトの時期から評判の高かった馬がついにデビューですか(^^)。


母父はドイツ血統のモンスーン。
また、テューダーミンストレルの力強いスピードを補強していて、ディープインパクトの成功パターンですね。

http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-733.html


ディープ×ドイツ血統+テューダーミンストレルという組み合わせはワールドエースと同じ。
ノーブルコロネットはBurghclereとAuthiが、ハイペリオン、コートマーシャル、ドナテッロ、フェオラなどが共通するニアリーの関係で、スタミナの補強もお墨付きです。
結構シンプルな構成ですが、重厚で奥行きのある配合でとても好感がもてますよ(^^)。




ここからは個人的な好みなので、鵜呑みにはしないでくださいね。

自分で名前を挙げておいてこんな事を言うのもアレですが、この馬はワールドエースとは似ていないと思います(笑)
確かにワールドエースもノーブルコロネットも構成は似ているんですが・・・(^_^;)

ディープが最も欲しいのは、瞬発力をつける力強いスピードなんですよね。
その点においてはテューダーミンストレルが一手に引き受けています。
それ自体は全然問題ないんですが、いかんせん8代目という、かなり奥まったところに存在しているのがネックかなと(^_^;)

基本的にディープはパワー(的なスピード)をガッチガチに固めるくらいでちょうど良いと思っています。
ワールドエースもテューダーミンストレルが支えている点では同じですが、この馬の良かったのはまずテューダーミンストレルが5代目という近い位置に存在しているということ。
そして最大の要因が、祖母Mandellichtがテューダーミンストレル≒Mary Brandon3×4というニアリークロスなのです。
これによりテューダーミンストレルのスピードを大きく増幅した上で取り込んでいることで、ワールドエースの切れ味に繋がっています。

ノーブルコロネットが成功パターンなのは間違いないけども、要はバランスの面で若干の不安があるというワケ。
もっとも上手いことテューダーミンストレルの資質を受け継いでくれていれば問題ないですから・・・これに運命が掛かっていると言っても過言ではないですね。
もし受け継ぐことに失敗していれば、ただの決め手のない粘りタイプに終わると思います。

確率的にはやや分が悪い勝負ではあるかな(^_^;)。

ちなみにちゃんと受け続いでるかどうかは、僕は馬体が見れないので判断できませんよ(;´Д`)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.