やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

インナーアージはぶった斬らない! 2012-12-12-Wed

ディープインパクト産駒で、ヌレイエフ、ブラッシンググルーム、ミスプロを持つということで、ヴィルシーナっぽいですよね。

この配合で特にポイントとなるのは、ヌレイエフが持つフォルリと、ブラッシンググルームが持つテューダーミンストレルです。
ディープインパクトにとって一番不足している脚力の増幅という点で、この2つのスピード血脈は非常に有効な血脈と言えますね。

しかもフォルリとテューダーミンストレルを併せ持つパターンは、ディープインパクトにとって必殺と言える配合なんですよ(^^)
詳しくは過去に書いた考察記事を読んでください。

http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-801.html


特に気になるマイナス点も見当たりませんし、僕個人としてはSランクの好配合だと思っています。
綺麗にまとまりすぎてて特に書くこともないので、今回は比較的短文の考察で済みました(笑)

今期のディープ産駒はどちらかと言えばアメリカ的な血脈との組み合わせが多いですが、このインナーアージの配合は去年までの2世代風の王道的な鉄板配合ですよ。

スポンサーサイト

CATEGORYぶった斬る2012 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 朝日杯FS全馬プチ考察(1) | ホーム | 阪神JF反省会 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |