09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

朝日杯FS全馬プチ考察(1)

ハッキリ言って、このレースは僕の配合的な好みと全然違うらしく、自信はこれっぽっちもありません(^_^;)

まあでもれっきとしたG1ではありますし、POGとしても重要なレースなのは間違いありませんからね。
ちゃんと真剣に向き合ってみようと思います。

一応朝日杯仕様を意識して頑張ります。


・アットウィル(B+)
この馬は過去に個別考察しました。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-641.html

アドマイヤムーンにフォルリを持ってくるのは相性が良いですので、基本的には合格だと思います。
ただし母はタイキシャトル+カポーティという、いかにもな淡白スピード構成。
いくら好配合だからと言って、プラスアルファの追加点はあげられないです。


・エーシントップ(A)
過去に個別考察しています。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-652.html

普通に芝で走りますねえ・・・これは全くの見当違いでしたよ(^_^;)
もしデビュー前に査定したのであれば、好配合なのは認めつつも、ダート向きという不安点が大きいため、そこを大きくマイナスしてB評価だったと思います。
でも結局芝で問題ないのであれば、配合構成を素直に評価してAが妥当かな。


・クラウンレガーロ(S)
まずロベルト系のパワーに対して、ミスプロ系でも柔らかいスピードを持つエンドスウィープを母父に据えて、ブラマリー≒ゴールドディガーを発生させたことで、POG向きの完成度を得ています。

そして何よりも良いのが、そこにノーザンテーストを添えてアリバイ≒レディアンジェラとしたこと。
グラスワンダーの核である、牝系のパワーをしっかりと押さえています。
グラス×テーストはアーネストリー、スクリーンヒーロー、サクラメガワンダー、マイネルレーニアを輩出する鉄板のニックスなのです。

これは文句なしの好配合ですね(^^)


・ゴッドフリート(A)
ヨーロッパ色の濃いローエングリンに対し、サンデー×ウッドマンというアメリカ血統を合わせ、ヘイローのクロスでまとめるというバランスは好きですね。
祖母がプレイメイト≒セックスアピールという「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」血脈の超凝縮体をもっていて、さすがにこれは過剰かなって思いはするものの、中山に限ってはマイナスにならないだろうということでこの評価に。


・コディーノ(A)
過去に考察はしているんですけど、あえてそれは載せません。
ぶった斬っちゃてるのが恥ずかしいわけではないですよ(^_^;)

いつもブログを読んでくださってる方にはスゲー言いにくいんですけど・・・・・・どうやら僕、キンカメの配合論を根本から完全に間違ってたっぽいです(;´Д`)
ちょっと考察記事にするほど考えがまとまっておらず、しかも他の研究と平行しているとどうしても余裕がないので、まだブログで書いたことはないですが・・・キンカメにノーザンダンサー+「ナスルーラ×プリンスキロ」を使ってラストタイクーン増幅することがPOGの成功パターンってのは、これ間違ってたかもしれません・・・。

よって過去のコディーノの考察を載せちゃうと、みなさんの知識に間違った情報を植え付けかねないので、載せるに載せられないんですよ(;´∀`)

ですので、とりあえず現状での考えでコディーノを見ると、フォルリのクロスと、テューダーミンストレル≒アバーナントで硬質なスピードを強化し、母父サンデーサイレンスを使ってPOG向きのスピードを得るという安定感のある構成が良いって感じですかね(^_^;)

ただし、キンカメのセックスアピールを増幅するような「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」血脈であるベターセルフを持っているというのは、普通ならば2段階くらいはマイナスです。
ただ中山限ってはパワーがあって不利ってことはないはずなので評価はそのままにしときます。

ちょっと、本当にいまキンカメの配合論がぐちゃぐちゃになっててわからないので、本来ならば評価「?」としたいところです。


・ザラストロ(B+)
ヘイロー≒ドローン≒レッドゴッド≒アップスピリッツというニアリークロスや、オートクラティックとポーカー間で「ナスルーラ×ラウンドテーブル」の組み合わせのクロスなど、アメリカ的なスピードをしっかりと補強しているのがとても良いです。
新潟2歳Sの前にB+評価という、やや控えめに評価をした理由は、ホワイトマズル×ダンスインザダークという基本的に重たい構成に加えて、リファールのクロスを持っていることが不安だったためです。
結果として重賞馬になったわけですから、そんな不安は問題なかったワケで、ならば評価を上げるかどうするか迷いました。
でも新潟2歳Sのレース的な価値が個人的には微妙なため、とりあえずは現状維持の評価で様子見としておこうと思います。



長くなったので続きはまた後日にします。
m(_ _)m
スポンサーサイト

Comment