笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ダイワレーヌはぶった斬らない!

チチカステナンゴの成績がサッパリなだけに非常にアヤシイですが、母が母だけにどんな能力を秘めているのかとても楽しみな存在ですね。

産駒の活躍状況がこれでは、いかんせんチチカスの成功配合がどんなものなのかサッパリです。
ただ勝ち上がった5頭中4頭がテューダーミンストレルを持っていますね。
ダイワレーヌもここには該当していますので、地味にポイントアップって感じでしょうか(笑)


さて今回はちょっと見方を変えてみようと思います。
父が謎なだけに、母側から見るという戦法です。
母ダイワスカーレットはダイワメジャーの半妹ということで、ダイワメジャーの種牡馬成績を参考に出来ないものかと思うワケですよ。

ダイワメジャー産駒の活躍馬の傾向を見ると、最も重視すべき点は

・サーゲイロードを持つこと。
・それに加えて「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×プリンスキロ」血脈をもう1つ持つ
・ノーサードチャンス≒ビューマックスを増幅する。

この3点だと思います。
母ダイワスカーレットがダイワメジャーと似たような血脈を欲しがるのであれば、相手となったチチカステナンゴがどうなのかってことですよ。

チチカステナンゴは・・・
・サーゲイロードを持つ
・もう1つの「ロイヤルチャージャー×プリンスキロ」血脈であるスワンシーを持つ、ていうかサーゲイロード=スワンシーの全兄妹クロス。
・ブラックボールがノーサードチャンス、ビューマックスとニアリークロスの関係。


ダイワメジャーの欲しいところを全て網羅する完璧な関係です。
全体の構成的にはエピセアロームにかなり似ていますね。
よって、チチカステナンゴ産駒というハンデに目をつむれば(いいのかな…)、配合のクオリティ自体は結構高いのではないかなと思ったりします。


ちなみに、ダイワメジャーとダイワスカーレットの違いって、アグネスフローラの有無ですよね。
このアグネスフローラは父ロイヤルスキーがナスルーラ3×4の柔らかい構成であり、これはサンデー×スカーレットブーケのスピードの核心でもあるロイヤルチャージャーのクロスを更に増幅するものです。
また母アグネスレディーはリマンドのスタミナと、テューダーミンストレルの硬質なスピードなど、ハイペリオン、ドナテッロ、レディジュラー~フェアトライアル的で重厚な底力が豊富な配合です。

これはダイワメジャーにはなかった要素で非常に魅力的なものと言えます。
更にチチカスの持つTop Twigとリマンドが似た構成で絡み合うため、より効果的に働くだろうと見ています。

よってダイワレーヌは、チチカステナンゴ×ダイワメジャー的な配合ですが、アグネスフローラが加わっていることもかなり大切なことだと思いますよ(^^)

スポンサーサイト


2012/12/21 | 12:46
ぶった斬る2012コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?