やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

混沌の紅梅S

フェアリーS、京成杯の予想に続き、おんなじ事を言いますけども、配合が好きな馬が全然いません。

特にこの紅梅S、評価A以上だと思う馬がゼロでした(^_^;)



せっかくなので人気どころについて触れておきますが、まずオツウ。
今日の日経新春杯を勝ったカポーティスターがまさにそうなんですが、ハーツクライのお相手はコテコテの米血を母父に据える方が好ましいです。
その点オツウは欧血主体のトウカイテイオーが母父。
そんなに良いとは思えないんですよね~(^_^;)


次にレッドオーヴァル、母父スマートストライクということでスピードには問題なく、スタミナも豊富ですから重厚感は感じます。
ただガッチリとしたパワーの補強には乏しく、ディープインパクトはこれがもっとも深刻な弱点なんですよね。
ディープ得意の京都ってことで、多少は甘めに見ることは可能ですが、それでもA評価ってレベルまでは出来ないかなと思います。


というわけで、僕は完全にお手上げですね~(^_^;)

つーか明日雨なんですよね?
ぶっちゃけますと、僕の配合論は雨の場合ゴミクズ理論になるってのを、去年の春シーズンに学びました(笑)



なのでもうあんまり深く考えないようにします。

フジキセキ×雨のキングマンボで配合的バランスも良く、更にヘイロー≒オーククラスター3×5が光るジェネロシティーや、ロベルトのクロスが少し重たいものの、好配合の条件は全て押さえてあるストークアンドレイあたりを応援しますかね。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.