≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

京成杯の予想記事を書いた時に、「どの馬が勝つにせよ、配合の成功パターン馬として認定するかどうかに関しては、ノーカウントにしたいというのが本音です・・・。」と言いました。

それくらい納得出来る配合の馬がいなかったのです(^_^;)

とは言え、フェイムゲームはれっきとした重賞馬。
どういうところがポイントだったのかは当然気になりますよね。


1つわかるのは、ボールドリーズニングは良さそうです。
ちなみにこの血はシアトルスルーの父でもあるんですが、シアトルスルーはハーツクライとすこぶる相性が良いです。

ボールドリーズニングのポイントは、まずノーサードチャンスを持つということ。
ハーツクライ自身はノーサードチャンス≒リヴォークドというニアリークロスがあって、これは種牡馬ハーツクライとしても重要な項目なのです。
ですから、ボールドリーズニングがノーサードチャンスを持つことで、ハーツクライのノーサードチャンス≒リヴォークドを更に継続強化する効果があると考えます。

更に注目すべきはアラブル―の存在。
この血はブルーラークスパー×サーガラハッドという構成なので、リヴォークドと3/4同血の関係なんですよね。
ということは、これもノーサードチャンス≒リヴォークドを大きく増幅してくれる存在ということ。

このように、ノーサードチャンス+アラブル―で構成されたボールドリーズニングが、ハーツクライにとって有効に働いているのは間違いありません。


・・・ていう説明を、僕がこれまでブログで書いたことがあるかは覚えてませんが、実はとっくに気づいてました(_ _;)

ただ今までボールドリーズニングではなくシアトルスルーのみを好配合と言ってきたのは、シアトルスルーにはストライキング=ブシャーという「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」血脈の塊があるからです。
これはハーツクライの持つブサンダを大きく強化する要素ですから、めちゃめちゃ重要な存在でしょう。
なので、これが欠けてしまっているボールドリーズニングまで好配合と認定する自信はありませんでした。


コレに関してはボールドリーズニングを好相性血脈として認定しても良いかもな~と感じてます。

ハーツクライと相性が良いストームバードだって「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」血脈もってませんけど、ノーサードチャンス≒リヴォークドに対してブルページのブルーラークスパー×ブルドッグが絡むことで好成績を残してますしね。


まあそうは言ってもフェイムゲームの配合自体はそんなに好きじゃないです(^_^;)
僕の中でハーツクライ産駒ってのは、母父にコテコテの米血を持ってくるのが重要だと思っています。
その点フェイムゲームの母父アレミロードは、一応アメリカのG1勝ちの馬ではあるんですけど、そこまで米血的な馬には思えません。
祖母ベルベットサッシュもディクタス×ノーザンテーストなので、あまりアメリカ感もなく・・・正直いまいちピンとこない配合なんですよね~(^_^;)

なので、どっちにせよ僕には指名出来ない馬だなっていう結論なんですが、ハーツクライの研究としては色々と勉強になりました(^^)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.