09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

同人誌制作プロジェクト(3)

血統の同人誌を作るぞと決意し、ディープインパクト本をコツコツ制作しています。
前回の記事はコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-853.html


困ったことに、僕が配合を褒めたディープ産駒の現3歳馬は、ことごとく結果が出ていません(´;ω;`)
昨日なんか、ディオジェーヌがレースすることすらなくリタイヤというまさかの展開でしたよ(笑)

まあでも今期はディープ3歳の全体が奮っていませんからねえ。
重賞を勝つ馬が出てこない限りは、これといって配合論をいじる必要もないと思ってます。


きさらぎ賞はかなり重要な1戦でした。
過去の成績をみたら、このレースをディープが得意としているのは明白。
そこに出走してきたリグヴェーダ、インパラトール、ラストインパクトの3頭は、みんな僕が製作中のディープ本には該当していませんでした。

なので、これは間違いなく加筆修正必死かな~って思ってましたけど、とりあえず今回は平穏無事に切り抜けることが出来ました(^_^;)

まあ、きさらぎ賞の考察記事でタマモベストプレイもマズルファイヤーも全く取り上げず、完全に見当外れな予想をしてしまっているのが恥ずかしくはあるのですけども、今はそれよりもディープ本の方向性がブレることが一番怖いです(笑)


さて、来週はクイーンCと共同通信杯ですか~。
特別登録されているディープ産駒を、ディープ本の好配合に該当するかどうかで分類すると・・・

・好配合
サトノフェアリー、ヘルデンテノール

・好配合じゃない
オーキッドレイ、マイネルストラーノ、ラウンドワールド


こんな感じでした。

来週も何卒無風で土日が過ぎますように・・・(~_~;)



ちなみに、ブログで考察記事を書く用に、他の種牡馬の研究もコツコツ進めていますが、とりあえず今のところ方向性がまとまったのは

ステイゴールド、ダイワメジャー、シンボリクリスエス、クロフネ、ハーツクライ、マンハッタンカフェの6頭で、今ちょうどネオユニヴァースの研究をしているところです。

キンカメはイマイチ答えがハッキリしていないので、これは後回しにしているんですが(^_^;)、更に困ったのがゼンノロブロイ。
来期は猛プッシュされているみたいなのですが、全然方向性が掴めない・・・。
しかも成功のパターンがわからないだけじゃなく、結果を出せていない失敗パターンすらもわからないという・・・(_ _;)

これは困ったぞ・・・。
スポンサーサイト

Comment