09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

ダイワメジャー×カーリアン

アーリントンカップ予想の際、コパノリチャードは過去のダイワメジャーの活躍馬の傾向とは少し違っていたため、機械的にB+評価止まりという判断をし、そして撃沈しました(笑)

まあ仕方がないっすね。
今回の結果を踏まえて、ダイワメジャーの配合論を修正するとしますか(^_^;)
3月にやろうと思っていた配合論のちょっとだけ先出しって感じです。


まずダイワメジャー自身の配合を代々紐解いてみます。


1,祖母のスカーレットインクはスパイソング≒ビーマック2×3である
Black Toney、North Star、Man o'Warなどが共通しています。

2,母スカーレットブーケはノーザンダンサー≒ラメニナ2×3である
Nearco、Lady Angela≒Alibhai、Mahmoud≒Sun Princessなどが共通しています。

3,そしてダイワメジャー自身はヘイルトゥリーズン≒コンセンティダ3×3である
ロイヤルチャージャー、ノーサードチャンス≒ビューマックスなどが共通しています。

4,更にダイワメジャーはブルーソーズ≒スパイソング≒ビーマック5×4・5である



種牡馬ダイワメジャーの配合論を考えた場合、以上の全要素を増幅する必要があると感じています。


まず1のニアリークロスについて、偉大なるスカーレットインク一族の原動力となっている要素と言えるかもしれません。
これをダイワメジャー自身はブルーソーズを使って継続的に増幅しています。
それが4の項目で書いたブルーソーズ≒スパイソング≒ビーマックというワケ。

ただし、ブルーソーズ≒ビーマックに関しては、ノーサードチャンス≒ビューマックスの要素の一部でもあるのです。
つまり、項目3さえ増幅してしまえば、自動的に1と4も達成できるということなんですね。


ということで結論としては、項目2のノーサードチャンス≒ラメニナと、項目3のヘイルトゥリーズン≒コンセンティダ、この2点の増幅を種牡馬ダイワメジャーとしては重視したいところです。


これを踏まえて、ようやくコパノリチャードの配合を見てみましょう。

ここまで語ってきた配合論の観点から考えて、コパノリチャードにとって効果的だったのは、母父のトニービンではなく、母母父のカーリアンだと思うんですよね。

カーリアンは父がニジンスキーです。
ニジンスキーの父はノーザンダンサーですから、スカーレットブーケの核であったノーザンダンサー≒ラメニナを直接増幅してくれます(項目2の要素)

続いて祖母のリーガルグリーム。
この馬は父がヘイルトゥリーズンですから、ダイワメジャーのヘイルトゥリーズン≒コンセンティダを継続して増幅してくれますね(項目3)。

ついでに言うと、ニジンスキーの母父ブルページはビューマックスとニアリーな関係です。
ということは、項目3のヘイルトゥリーズン≒コンセンティダの一部(ノーサードチャンス≒ビューマックス)を増幅する効果があり、つまりそれは項目4のブルーソーズ≒スパイソング≒ビーマックの増幅でもあります。


もうゴチャゴチャしてて自分でも何言ってんのかわからん・・・(;´∀`)
でもまだまだ続けますよ(笑)


アーリントンカップの時も言いましたが、これまでダイワメジャーが輩出した重賞馬カレンブラックヒル、エピセアローム、トーセンベニザクラの3頭は全てサーゲイロードを持っているという共通点があります。
他にもダローネガ、オメガホームラン、サンブルエミューズ、ダイワマッジョーレなどもそうですね。

そもそもダイワメジャーは「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×プリンスキロ」血脈と相性が良好なのですが、他の「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈ではなくサーゲイロードが必要な理由・・・これはサーゲイロードの祖父がロイヤルチャージャーだからだと考えています。

なぜならダイワメジャー自身が持つヘイルトゥリーズン≒コンセンティダ、このニアリークロスを担っていたのがロイヤルチャージャーですからね。

そう考えると、コパノリチャードはサーゲイロードは持っていませんが、カーリアンの母フォアシアーは「ロイヤルチャージャー×プリンスキロ」血脈・・・これが活躍の原動力となっていたんでしょう。



ようやく結論。
カーリアンという血はノーザンダンサー≒ラメニナを増幅し、ヘイルトゥリーズン≒コンセンティダを増幅し、しかもブルページがビューマックスを更に刺激しつつ、尚且つ「ロイヤルチャージャー×プリンスキロ」血脈でもある。

・ダイワメジャー×カーリアンのPOG期間の成績
ダイワメジャー 頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり賞金
全体 240 24.7% 17.8% 201万円
カーリアン 12 43.3% 6走のみ 327万円



今期はサーゲイロードではなくカーリアン!・・・と思ってボブキャット指名したんだけどな~。
アイツどこ言ったんだよ(笑)
スポンサーサイト

Comment