≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

2週間くらい前に風邪を引き、熱を出してしまいました。
幸い熱自体は酷くならず1日で平熱に戻ったんですけど、体調を崩すと弱っている部分が悲鳴をあげるといいますか、胃痛だけが全然治らない・・・。

これまでの生活を振り返ってみると、最近キムチとか豆板醤とか一味唐辛子とか、いっつも辛いものばっか食ってたんですよね。
しかも3食しっかりと目一杯食いまくり、かなり胃に負担がかかるような生活をしていたっけ・・・(^_^;)

ということで、2日間ばかり、おかゆやうどんで過ごし、今は元通りに復活しました。
しかし、それ以来胃がものすごい小さくなった気がします。

もう普段通りの食事をしてはいるんですけど、ご飯がおかわりできなくなってしまったし、何よりも満腹まで食べるっていう意識がなくなりました。

するとどうでしょう、98キロの超肥満児だった僕が、ここ10日くらいで一気に95キロになりました(笑)


なるほどな~、もうかれこれ3ヶ月くらいウォーキングを続けてたのに、全然体重減らねーなーってずっと思ってたんですよねえ。
要はあれか、ウォーキングしてたからこそ、あれだけ食ってたのに98キロを維持できてたって考えた方が良かったんだな(笑)



さて、チューリップ賞にいきましょうか。

まず一番注目しているのがレッドオーヴァル。
個人的な話で恐縮ですが、現在ディープインパクトの配合について同人誌を作成中でありまして、しかしながらこの馬はディープ本の成功パターンには該当していないのです(^_^;)

確かに褒める点は結構あります。
特にヴェイグリーノーブルという血は、ディープと相性が抜群で活躍馬を多く輩出しています。

ただし、「ディープにはパワーの補強が絶対に必要」というのが僕のこだわりなんですよね。
その点レッドオーヴァルの配合には、正直言ってパワー面に不満を持っています。

まあディープもまだ3世代目ですから、新しい成功パターンが出てくる覚悟はしていますけどね(^_^;)

とは言え、出来ればPOG期間は2着止まりという結果で平穏に済んでくれると、配合論を大きくいじらなくて助かります(笑)


じゃあ仮にレッドオーヴァルを負かすとしたらどんな馬だろうか・・・ということでA評価以上の馬を挙げておきます。


・ローブティサージュ(A+)
阪神ジュベナイルフィリーズの時の考察文を流用します(^_^;)

どこを増幅するパターンでも成功する問題児ウォーエンブレムですが、このローブティサージュはミスプロ、ホイストザフラッグ、エルヴァジェ、ドリーネ≒フォルリなど、ありとあらゆる名血をクロスしています(笑)
これならばどこかしら要素がプラスに爆発しそうだなっていう期待はありますね。
しかも使っている血脈がシングスピール×マキャヴェリアンという最上級の構成なのも良いです。
ウォーエンブレムの成功パターンはイマイチわかってませんが、それでも高評価をしたい配合だと思います。
こういう馬をPOGで指名したかったです。



・・・ローブティサージュ1頭のみでした(^_^;)

本当にレッドオーヴァルが負けたとしても、優勝するのがウリウリとかアユサンだったら、結局ディープ本に該当していないからアウトなんですよね(笑)
なんかもうすでに負け戦感がハンパないわ・・・(-_-;)

ローブティサージュ頑張ってくれるかなあ。
スポンサーサイト


チューリップ賞は教授に乗ります、レッドオーヴァル一着固定の三連単にします、当たりますように!
僕はレッドオーヴァルに勝って欲しくないと思ってるんですから、全然僕に乗ってないじゃないですか~(笑)
残念ながら僕はローブティサージュ軸の三連複を買って撃沈しました(;´Д`)
明日こそお互い頑張りましょう(^^)
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.