09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

クロフネサプライズにごめんなさいする

チューリップ賞のプチ考察の記事を書いた際、クロフネサプライズのことは全く取り上げませんでした。
これは素直にごめんなさいするしかありませんね。
m(_ _)m

阪神JFの時にこの馬を考察した文章を載せたいと思います。

・クロフネサプライズ(B)
クロフネ×トニービンのニックスです。
ただしサンデーサイレンスを持たないため、どちらかと言えばハイペリオン的な硬質が強いことと、ヴァイスリージェント≒ノーザンテーストでパワーをかなり高めていることもあって、ちょっとパワー型過ぎるかもと思ったり・・・。



これ、いま改めて見ると、B評価は少しやりすぎたかなって思ってます(^_^;)
B+でも良かったかも・・・。

まあそうだとしてもA評価には届いてないワケで、好配合という認定にはなりません。
僕がAにしない訳は、上の考察でも書いた通り「ヴァイスリージェント≒ノーザンテースト」があるから。


クロフネというのはロベルトを増幅したり、「ハイペリオン×サンインロー」血脈を補強したりと、硬質な補強が成功パターンの基本となっています。
とは言え、ヴァイスリージェントのパワーは「強いパワー」ではなく「重いパワー」。
こういう増幅の仕方はダート寄りにシフトしていきそうだな~って思ったんですよ。
例え芝タイプになったとしても、重賞級は望めないんじゃないか説を唱えました。


んで結論から言えば、その考えが間違ってたってことです(笑)



クロフネ牝馬のPOG成績を見ると・・・

・牝馬全体
383頭 芝17.5% ダ18.5%

・牝馬+ノーザンテースト持ち
69頭 芝18.6% ダ17.3%


全然芝の成績も落ちてねーし、つーかダートの成績も上がってねーし(笑)

クロフネでPOG期間の重賞を勝ったのは6頭ですが、その内マルモセーラとクロフネサプライズの2頭がノーザンテースト持ち・・・(^_^;)
他にもポルトフィーノやベストロケーションなども輩出しているわけですから、少なくともマイナス要因になってるとは到底考えられず・・・(_ _;)

もう完全な偏見でした・・・。
_| ̄|○



お詫びと言ってはなんですが、せっかくなのでクロフネサプライズを褒めておこうと思います(^_^;)

以前クロフネの考察記事の中でちょこっとだけ書いたことの補足です。

クロフネは「ハイペリオン×サンインロー」血脈との相性が抜群です。
ただし手広く狙う必要はありません。
有名なのは「トニービン」と「ヌレイエフ」。
これは血統好きならば大抵知っているニックスです。

でも実はもう1つ相性の良い「ハイペリオン×サンインロー」があって、それが「スワップス」。
詳しい説明は今回は省きます・・・というか僕もわかってません(^_^;)

ともあれ、クロフネ×「ハイペリオン×サンインロー」ならば、この3つだけ選んどきゃ大丈夫なのです。


んで今回のクロフネサプライズはトニービンを持っているので、十分説得力のある好配合というワケ。
しかしこの馬、密かに激アツなのは5代母のIron Ageの存在でしょう。
この血はなんとスワップスの全妹なんですよね。

トニービンだけじゃなく、Iron Ageの存在があることで、更に1段上の好配合となっています。
・・・今までB評価していた僕が言っても説得力ないか(笑)
スポンサーサイト

Comment

やはりトニービン

栗頭先生、こんにちは^^

またまたクロフネ×トニービンの牝馬からスター候補が現れましたね(^_^)v
僕は上がり勝負でキレ負けすると思いヒモでしか買ってませんでした(>_<)
Swapsに関しては栗山さんが今日のエントリで詳しく書いてらっしゃいますよ(^^)/
これからクロフネはもっと狙い目絞れそうです(^_^)/~

2013/03/03 | レプティリア[URL] | Edit

牝馬路線の中心はレプティリアさんイチオシのクロフネ×トニービンになりましたね~。
栗山さんも書いてましたが、スワップスは世界レコードを更新しまくった怪物ですので、そのパワー(スピード)が合うんですかねえ。

ちなみにスワップス自体はかなり色んなところで見かけるポピュラーな血脈なので結構頭数が多いのですが、クロフネ×スワップスの馬の場合、活躍する馬の多くはクロフネ×エーデルワイス×スワップスか、クロフネ×フラワーボウル×スワップスのパターンなんですよね~。

2013/03/03 | 栗頭先生[URL] | Edit