やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

カミノタサハラにごめんなさいする

弥生賞はホント酷い結果でしたよ・・・。
配合が好きな馬も結構いたのに、結果は全くノーマークだった馬がワンツーしちゃったもの(-_-;)

そりゃあ僕の配合論なんてまだまだ未熟ですから、自分の考えと違う馬が勝ってしまうこともありますよ。
それを踏まえて今後の糧とすればいいんでしょうけどね。

でもさ、カミノタサハラって配合好きの方はみんなチェックしているような好配合だし、というか血統関係なく選べる良血ですよね。

にも関わらず僕はというと

「こんな良血をズバッと否定できる俺の配合論!( ̄ー ̄)ニヤリ」

みたいに思っていたってことですから(いやそんなに上から目線じゃないけどね)


めっちゃ恥ずかしいじゃん(笑)


しかもカミノタサハラにごめんなさいするってことは、ボレアス、マウントシャスタにもごめんなさいってことです。
「マウントシャスタが重賞を勝てなかったのは、この配合のこの部分が~云々・・・」って感じで、世代をまたいで間違った考察をしてたなんて・・・。

3世代続けて活躍した馬をここにきていきなり褒め始めるのも、もの凄い罪悪感が・・・(笑)



ディープの配合については、以前からかなり本腰を入れてやってきましたが、それでいて去年はジェンティルドンナとワールドエースを「好配合じゃない」として見向きもしないという大惨事に(_ _;)

そんな惨敗を受け、今年こそは正確なジャッジをしてやるぞ!・・・と気合十分でシーズンインしたんですけどねえ。
カミノタサハラは候補にすら挙げてなかったし、僕が指名してるのがヘルデンテノール、トルストイ、ディオジェーヌだし・・・。

なにげに、今回は結構ショックを受けています(´;ω;`)


ディープインパクトの配合について同人誌を作ろうと思ってたけど、なんか急に恥ずかしくなってきちゃったよ・・・。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.